ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

2008年11月27日

VTES Keepers of Tradition

届きました。
開けてみた第一印象は、リプリント多過ぎだなと。これは拡張セットではなく、CE、3rdに続く基本セットなんじゃないかと思います。
で、新作のカードがなかなか出て来ず、コモンだろうとアンコモンだろうとレアみたいな感じ。
リプリントのアンコモンやレアは入手が難しかったMadness NetworkとかFragment of the Book of Nodとか色々あるので嬉しいんですが、コモンは流石にこれ以上手に入っても在庫が増えるだけなのでちょっとなぁ。
せめてコモンの新作カードがもっと多ければ心置きなくもう数箱買っても良いと思えるんですが。

そんな少ない新作から目に止まった良さげなコモンを挙げてみたいと思います。
このセット、基本的にコモンが強くてすぐ使えそうなので、新作の出の悪さが本当に残念。

・陰惑[No Trace]
コンバットエンドできるようになりました。マルカヴがさらに強くなりますね…

・魔術[Rego Motus]
ダメージプリベントできるようになりました(下級で2点、上級で4点)。
流石に相手のストライク限定なので、Burst of Sunlightには使えませんw

・発狂[Wrong and Crosswise]
下級でブリード軽減2点と上級で反対票4票獲得。

・先覚[Eyes of Argus]
下級でDアクションに対して+2インターセプトと上級でタップ中にリアクションとブロック。

・支配[Mouthpiece]
上級でacting vampireに支配下級が使えるようになる。Spirit Marionetとあわせて使えということですね。

・剛力[Horseshoes]
Dアクションでミニオンにダメージ。下級で1点。上級で2点。

・変身[Eyes of the Beast]
+1インターセプトだが、次のミニオンフェーズに-1ステルス。

・瞬速[Torrent]
上級でコンバットエンドし、ブロックされなかったかのように行動を継続できる。


全文 00:59 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年10月26日

VTES 参議会10/25

「仕事午前中だけだから」とか言われて休日出勤。普通に夕方までがっつりやりました。
5つも持っていったデッキが重いぜ。

で、夕方ごろ合流して1回だけ遊ぶ。
Reckless Agatationで5ダメ喰らいましたがPoison Pillでカウンター喰らわすことができたのがすこぶる気分が良かったです。何か最近Poison PillとかDelaying Tacticsで選挙を妨害するの楽しいなあ。
あとDual Formの引きが良くて二人分裂できたりとか。

その後の飲みでノスでどうやって戦えるデッキを作るのかを話し合い、各自デッキを作ることに。
ノリで賛同しちまったけど、結構めんどくさいぞ…


全文 23:15 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年08月10日

VTES 日曜

参議会でvtesとGame of Thrones。
vtesは作りたての爪と魔術デッキを使うがラッシュカードが来ずブリードと狩りしかしてない気がする。ラッシュのためにFrontal Assaultを入れたいが何を抜こうかなあ。
あと手札増やす系が必要だと思いました。

Game of Thrones
ラニスターで遊ぶ。2時間弱で5ターンほど進めて時間切れ。最後までやると一日かかると聞きましたが同感です。でも面白い。
兵力は集中するより、ある程度分散させてレイドで敵の行動を妨害するほうが拠点防衛しやすい気がした。また遊びたい。


全文 23:59 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年08月08日

VTES 明後日に向けて

明後日使おうと思っていたデッキ、作れるかなぁ…


全文 21:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年07月29日

VTES メキシコ行きに向けて

夏休みにパスポートをとることになりました。

マヤ文明だかアステカ文明の遺跡も見れるといいなぁ。


全文 01:37 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年07月05日

VTES 今更ですがメキシコ行きの件

参加したいです。
まとまった休暇がとれるのが夏休み、年末年始、ゴールデンウイークなので、時期は限られますが。
資金的にも問題無いですが、昨今の原油高に伴う飛行機代の高騰は何とかならないですかね。

まぁ最大の問題は、Hectorさんとほとんど話した事が無いので、行っても「Who are you?」とか言われちゃいそうなところなんですが。


全文 23:56 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月25日

VTES トレードの件

Sudario Refraction発掘。なんか4枚もありました。

残りの3枚で何かデッキ作ってみようかなぁ。


全文 01:01 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月09日

VTES 河豚新年度会

参議殿大活躍により順調に参加者が増えているようで喜ばしいかぎり。

行く店は玄品ふぐです。予算はコースを予定してるのでそちらをご覧ください。匠味セット+飲み代+αといった所でしょうか?

あと、そろそろ店を予約しようと思います。場所は田町か六本木か大井町で考えてたけど、参加者が増えてきたので場所を考え直した方が良いかなぁ(最初は全員そこら辺で働いてるか住んでるかだったので田町とかで良かったですが、全員程よく交通の便が良い新宿に変更とか)。

場所、参加希望、などなどあったらコメントください。


全文 22:15 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月09日

VTES Soul Burn

武器によるストライクを無効化できることをすっかり忘れとりました。Thoughts Betrayedと合わせると殆どのストライクによるダメージを無効に出来ますなぁ。
ま、血を合計で3点も使うので重くてやってられないんですけども。


全文 21:54 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月07日

VTES 千葉で死合う件

チャリで行こうか考え始め、本気で悩んでます。
確認してみたところ、ルート上に坂などはなく、平坦な道が続くだけなので時間が許せば無茶な行程では無いと思います。
問題は天気と、終わってからの食事で酒が飲めないというのが、ねぇ。

天気さえ良ければ、そろそろ走るには良い季節なのでホント迷うなぁ。


全文 23:09 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月05日

VTES 3月8日

つまり

ブースター3箱を渡して欲しくばさいたままで一人で来い!

という果たし状的展開。これは行かねばなりますまい。


全文 02:04 | コメント (3) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月04日

VTES トロフィー(笑)

Minさんに捧ぐ。

あなたもモテカワなトロフィーデッキを作って愛されメトセラになろう!

開始早々トロフィーを並べたらプレイとプレデターの視線はあなたに釘づけ! パルテノンやゲヘナの噂を置いて、トロフィーの乗りを良くしておけば完璧! もちろんレッドリストにすることも忘れないで! 愛されメトセラにはそれなりの準備も必要よ!
トロフィーとレッドリストがしっかりキめれたら、あとはほんのチョットアタックをかければトロフィーゲットまちがいなし!
トロフィーを手に入れたらモテロードまっしぐら!

勢いで書きました。語彙が微妙にズレている気がします。


全文 01:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年02月14日

VTES Goratrixでトロフィーデッキを目指せ!

Advancedのゴラトリクスさん(Tremere 10Cap Grp2 BH:U)はDアクションだけで反トレメールを焼いてしまう凄い血族。
戦闘とかディアブラリしないでトロフィー貰えるとかありえません。次から次へと緋色のリストに指名して、あとはアクションが1回でも通ればそこには夢のトロフィーが!

まぁ、反トレメールを見ることがあまり無いんですが。
なんか良い方法ないかなー。[Temptation]でコントロールを奪って反トレメールに[Clan Impersonation]するくらいしか思いつかないけど、回りくどい…


全文 22:35 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年02月12日

VTES 私信

Magazineの件トレード掲示板に書いときました。


全文 00:36 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年12月29日

VTES 飲み

会社から帰って家に着いた途端、飲みのお誘いが来てほぼ来た道を逆戻りして六本木へ。

適当な店で(どこも仕事納めで混んでましたが、なんとかブルハーげな雰囲気のバーを見つけて陣取りました)ビールやらカクテルを飲みながらvtes話に花を咲かせました。
vtesがこの先生きのこるにはとか、Julio Martinezが実は強いよねとか、Arikaしねばいいのにとか、2nd Traditionの強さは異常とか、LoNでの蛇道の優遇されっぷりに比べて死霊術の不遇さ加減を嘆いたりとか、26キャパのケイティフをゴルコンダしようとしたら死んでいたとか、Arikaしねばいいのにとかそんな感じ。

実に充実したvtes話だったので次もまた誘っていただければと思います。
つうか河豚を食べに行こうって話が出たので、今度機会を見つけて企画したいと思います。


全文 04:40 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年12月29日

VTES vtesトーナメント

誰も倒せず、ただ生き残っただけで3位になってしまって何やら申し訳ない気分で一杯です。


全文 04:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年10月24日

VTES ついするりと

電話で話している時、ブラックリストと言うべきところをレッドリストと言い間違えた。
思わず口走ってしまう辺り、レッドリストに対するひそかな想いが俺の中にあるのだろうか。
以前失敗したヴァレリウスデッキでも作り直してみようかなぁ。


全文 22:44 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年10月22日

VTES Potomac情報

Ancient Hearts Booster Boxが$346で売ってますね。高っ!

他に、Damagedで少しだけ安くなったブースターが3rd、Anarchs、Gehenna、KMW、LoNと揃ってます。こないだLoN買ったばかりだけど、KMWとLoNはちょっと欲しい。買ったものか迷うなぁ。


全文 23:39 | コメント (4) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年10月22日

VTES おかしい…

デッキを組替えていたら、Al-Muntaquimデッキに2枚入れておいたはずのゴルコンダが1枚になっていることに気づいた。
そもそも1枚しかデッキに入れなかったかなぁ? 確か2枚だった筈なんだけど。
どなたか透明スリーブに入った3rd版ゴルコンダを見かけた人はご連絡を(このデッキ使ったの随分前だから、まずもって出て来ないと思うけど、念のため)。


全文 23:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年07月04日

VTES vtes名古屋場所

参加してぇけどこの所仕事とか私生活が忙しくて悩んでます。
仕事とか忘れてぇなぁ。


全文 01:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年06月03日

VTES 今日のvtes

1戦目
席順とか色々は忘れた。アサルトライフルを持って「わーい」とか戦闘したら[Drawing Out the Beast]で1回も使わせてもらえなかった。
死にかけたけどゴルコンダで回復して生き延びた。
勝者なし。

2戦目
真ブルハー→マガジ→ノスだったような?
またゴルコンダで回復するも今度は殺される。
勝者ノス。

3戦目
ギャンレル→アクナンセ(でしたっけ?)→ツィミ→セト
上家を叩いてから下家を叩くなどというウォールとブリードのスイッチ(?)は弱い。のについついそんなデッキを作ってしまう自分を見つめなおす。
勝者セト。

4戦目
ノス→エンキドゥトロフィー→セト→反トレアドール→血の姉妹
順当に血の姉妹を倒すも、残ったノスとエンキドゥのどちらと戦うか選ぶ状況になり、結果としてエンキドゥを倒してノスと戦う方を選択。しかし今にして思えばこれは失敗。結果としてノスにはプールを回復され、こちらのミニオンを次々潰されていくという結果に。
ノスは軽めのミニオンが数体いたが、エンキドゥはほかにリュサンドがいただけだったので、ノスを倒してから、こっちの手駒が殺されるの覚悟でエンキドゥと戦った方が勝ちの目があったのかもしれない。
勝者ノス。


全文 01:54 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年05月22日

VTES 参議会

Al-Muntaquimでケイティフを食べまくって凄いブリードをするデッキで参戦。戦闘カードの少なさなど色々こなれていない部分を確認できました。
負けたけど真ブルハーデッキ楽しい。

1戦目
参加せず。

2戦目
ネルガル→ゾンビ→ノス緋色?→ブルハー→真ブルハー
Al-Muntaquimを出した頃にみんなが飽きて終了。

3戦目
正反ヴェントルー?→エンキドゥ→バロンが延々転生するデッキ→ブルハー→真ブルハー
割と良い線まで行ったが普通にブルハーにボコられて負けた。

4戦目
反マルカヴ→タップドッグ→蛇わらわら→パンダーわらわら→ツィミ
ツィミ担当。
誰も死なず時間切れ。初手でPulse捨てずに取っといて、体勢が整ってから使えばよかったなー。俺の鰤通りまくってたし。


全文 00:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年05月08日

RQ VTES その他 連休のまとめ

前半
散々書いて来ましたが部屋の模様替えでした。実はまだ終わってません。

3日
Crusade:Saitama Vol.7に出席。
トーナメントのなのに緒戦はトーナメント的にチューニングされたデッキではなく、最近作ったばかりでこなれていないデッキを使い玉砕。と思いきや1回戦で生き残った0.5ポイントのお陰でギリギリ決勝進出。

決勝は序盤はそこそこでしたが公子に手玉に取られ敗退。取引の内容を忘れたのが失敗ですがまあ仕方ありません。

4日
ボードゲームと飲み。

5日
萌えスリーブでデッキを作れとの指令を受け取ったので、早速デッキを作成。
作りなれない氏族で作ったものだから昼から初めて真夜中までかかってしまう。

6日
RQバラザール編&vtes

バラザールについては別エントリ参照。

vtesは前日に作ったデッキを試す。そこそこ動いたので良しとす。でも、序盤でキーカードが出るまでは全くカードを回せず捨てるしかない状況になるのは何とかしたいところ。もう少し考える余地があるなぁ。


全文 00:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月30日

VTES Biothaumaturgic Experimentのその後

なんかやっぱりダメな気がします。
真面目に勝とうとするデッキを作ると大量投入は無いなぁ。
下級でRaven Spyを呼ぶのは重いし、上級で付けまくって殴り合いをするには時間が掛かりすぎるかと。
何か、ブルハーに魔術持たせて使わせた方が良いような気がしてきました(隣の芝は青い理論な気も…)。


全文 00:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月25日

VTES 素敵な魔術

Sword of Caineの変なカード、Biothaumaturgic Experimentが使いたくて(魔術下級で、アニマルリテイナーを訓え、氏族の制限なしに率いることができる。上級ではマニューバとストレングス+1)、沢山入れたデッキを組んだのですが、前回のプレイ(結構前ですが)では2戦やって2戦ともダメダメな結果に終わったのでした。

以下反省点。
・上級ならストレングス上がるしマニューバあるからアポテーション要らないと思っていたのが甘かった。
・BEを沢山使うとプールと血をかなり圧迫する(+1interceptとかのリテイナーは最低でも血1点。回復手段が欲しいところ)。
・BEで自分強化に走ると、何も行動できない(アンタップ能力を入れる。魔術ならRutors Handがあるし)。


全文 02:00 | コメント (5) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月12日

VTES ブツ

届きました。


全文 23:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月07日

VTES 参議会

久々に出席。3戦。
ミスったり(インフルエンスを盛大に忘れたりとか)物凄い逆境に立たされたり(殆ど戦闘デッキばかりの状況でチープウィニーやったり)した割にはそれなりに生き残れました。

まぁなんですな。兎に角戦闘デッキは難しい。


全文 23:47 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月05日

VTES ツィミーシィ戦闘デッキ

物凄い久々のvtesエントリかもしれない。

ツィミーシィ戦闘デッキが作りたくなったので、少し前に作ってみました。
ツィミーシィといえばウォーグールですが、ウォーグール用の戦闘カードと造躯による戦闘カードを入れるとバランスが結構難しいです。いっそ戦闘カードは訓えのみにしても良いかもしれない。

つうか、そもそもウォーグールは3~4枚程度入れても、あまり意味は無いかな。


全文 01:03 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006年11月27日

VTES 第五の掟

PoOとフランスの刺客を歓待する儀。
遅れて行ったため、フランスの刺客とは残念ながら対戦することは出来ず。次回に期待です。

今回は反トレアドールと反トレメールを改造したデッキを持って行きました。反トレアドールはそれなりに動いたのでまあ良し(Arikaの威光を笠に着ていましたが)。
反トレメールはデッキが寄ってて思った通り動かず。良かったのかダメなのか分からず。


全文 22:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006年08月12日

VTES 参議会

反トレメールデッキを作って参戦。装備品を抜いたのを忘れてMagic of the Smithで装備を取ろうとしてライブラリの中に何も無かったときは愕然としましたよ。
そんなアホなことをしていても勝ててしまった辺り、勝負の綾はわからんものです。
反トレメール楽しいかもしれない。


全文 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月21日

VTES ネルガルでの諸々

当日、試合のほかに思った感想とか。

・rize公子の正統ブルハーが楽しそうだった。bloodlines系デッキは他人のを見ていると楽しそうなんだけど、実際自分で作るのは辛いなぁ(所持カード量の不足とか)。
・今更ながらInnerCircleは誰であれむかつくということが身にしみた([Arika]、[Leandro])。まぁ、純粋に強いですね。
・Hectorさん、Nickさんはやり慣れているなと思った。自分が使う氏族の特性をよく研究している模様。
・まだまだデッキを調整する余地がある。瞬発力が足りないので、[Enchant Kindred]は何枚か[Legal Manipulations]にした方がいいと思う。あと、[Aire of Elation]を入れるかも検討した方が良さそうだなぁ。でも、代わりに何をデッキから抜くかが問題だ。
・初めてタイトルをコンテステッドした。しかも2回。2回ともシカゴのPrinceとArchbishopだった。シカゴ争奪戦熱いです。選挙デッキじゃなかったので気にしてなかったけど、コンテステッドのコストを忘れがちなのを何とかしよう(カウンターを置くとか)。


全文 00:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月19日

VTES Return of Nergal

ネルガルinさいたま。まずは参加された皆さんおつかれさまでした。
今回は反トレアドールで出席。
結果として、ネルガルを袋にするその他大勢に混ざれたので良しとす。正直ここまで戦えると思ってなかったし、こんなにいい勝負ができるとは思わなかったので、得るものは大いにあった戦いでした。

以下ダイジェストで
1戦目
真ブルハー→ヴェントルー→反トレアドール→ヴェントルー→反マルカヴィアン
前門のヴェントルー、後門のヴェントルーという諺がありまして(ねーよ)、マイデッキの真価を発揮する前にあっという間に殺される。
やっぱりトーナメントの壁は厚いなーと実感。

2戦目
反トレアドール→ノスフェラトゥ→ヴェントルー→マルカヴィアン
見たような面子。つーか、cartさん、いせくさん、JMさんといつも内輪で遊んでる面子なのでお互い大体手の内が分かってしまっているので失礼ながらトーナメントらしくないなと思ってしまった。
結果として1人倒して生存して、ポイントをもぎ取る。

3戦目
セト→ヴェントルー→ギャンレル→反トレアドール(順番うろ覚え)
セトがヴェントルー、ギャンレルと飛ばし1対1の戦いに、こっちは[Palla Grande]によるブリード、セトは[Corruption]、[Temptation]での誘惑ブリードでお互い一歩も譲らず、最終的に俺がセトを1プール残して殺しきれなかったものの、次のセトの猛反撃を残り1プールで何とか生き延び、セトを使っていたNickさんの投了宣言で勝利。お互いの戦いをNickさんと称えあって熱い握手を交わす。
ファイナル進出へ。

ファイナル
イシュタリ→ヴェントルー→ツィミーシィ→反トレアドール→ネルガル
開始前の談合で、みんなでネルガルを殺しましょうという話で意思統一。
序盤はネルガルが出すカードにいちいちツッコミを入れつつ、予想通りネルガルを倒す方向で動く面々。俺もその流れに乗るものの、正直ネルガルの能力をもっと味わいたいという要らんマゾ的意識が働き、ネルガルとイシュタリを責めるという行動に出て、イシュタリの鮎方さんに物凄い眼光で睨まれること数回。
ネルガルのMinさんと鮎方さんの誘惑と恫喝というアメムチ攻撃に晒され、正直頭おかしくなりそうになりながら、本当に迷ったら[Art Scam]とか装備を買ったりして日和見をし(まぁこういうはっきりしない行動でさらに両者の弁舌はエスカレートして行きましたが)、時間を稼ぐうちに疲弊したネルガルが「ネルガルのちょー凄い[Minion Tap]」を出すも、[Sudden Reversal]で回復を阻止、その後の選挙によってネルガルは沈んでいきました。
その後は、イシュタリを責めつづけるも、肝心の[Palla Grande]が出ず、決定力に欠けたまま時間切れを迎え、一位のネルガルが死んだことで繰り上げで二位のイシュタリが勝利するという結末で終了したのでした。


全文 00:04 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月17日

VTES ネルガルあげ


明日のネルガル戦に向けて、このオープニング画像を再度眺めて気分を盛り上げる自分。

明日はがんばろう。
つうか、参加者が12人になったから10時スタートか。もう寝なきゃ!


全文 23:40 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月15日

VTES ネルガル戦に向けて

ネルガル戦で使うデッキの調整完了。間に合ったぁー。
まぁ、勝つ自信はあんまりないんですけども。ネルガルに殺されるその他大勢か、ネルガルを袋にするその他大勢のうちどっちかに混ざれれば上出来かなと。

さて、当日(18日)に向けて、この曲でも聞いて自分を奮い立たせるのだっ


全文 23:07 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年11月24日

VTES 参議会

手札を温存するか使い切るか、捨てて新しいカードに賭けるか残すか、そんな判断に苦しむ戦いが続いた一日でありました。

教訓
・下家が強鰤したときも[Archon Investigation]は使えるので取っとけ。

ツッコミいただきました、他人へのブリードに対しては使えないので教訓じゃなくなりました。


全文 23:36 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年11月20日

VTES どっかで見たアレっぽいもの

Return of Nergal というタイトルがずっと、Return of Jedi(スターウォーズ・エピソード6の題名)を思い起こしてしょうがないので、妄想のはけ口としてスターウォーズのオープニングをパロったタイトルロールをgifアニメで作ってみました。

スターウォーズの例のテーマソングを脳内で流しながら見てもらえれば。
見る

FLASHで作れば、楽に綺麗なのができるんだろうけど、作れるソフト持ってないので、物凄い時間と手間をかけてしまいました。それでもガクガクだし、アニメーターは大変だなぁ。

こんなことしてる暇あったら、デッキ調整考えないといかんのだがなぁ~


全文 01:30 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年11月15日

VTES [Information Highway] と [Zillah's Valley]

どっちを使うかよく悩みます。そこで、それぞれの性能比較をして、どちらを使うか考えてみたいと思います。

能力

[Information Highway]
毎インフルエンスフェーズに+2トランスファーを得る。

[Zillah's Valley]
マスターフェイズに5プール支払って、4ブラッドを8キャパ以上の未支配ヴァンパイアに置く(実質1コストで8トランスファー)。

長所と短所

[Information Highway]
1ターンで6キャパシティまで支配できる。
場に出ていればいつでも使える。
Uniqueなlocationのため、Contestedする。
トランスファーが増えるので、Cryptから1枚引いて2ブラッド置く。という事ができる。
入手がわりと面倒(構築済みを購入して入手するしかない)。

[Zillah's Valley]
1ターンで8キャパシティまで支配できる。
Contestedしない。
8キャパシティ未満のヴァンパイアには使えない。
コストが1プールかかる。
1度しか使えない。
コモンであるため、入手が容易(FinalNight買うならだけど…)。

支配スピードの面で、[Zillah's Valley]が[Information Highway]を明確に上回るのは、8キャパシティのヴァンパイアを支配する時のみです(9以上はどちらも2ターンかかる)。それ以外では[Information Highway]の方が優位でしょう。
また、[Information Highway]は一度場に出してしまえば、以降何度でも恩恵に預かれるのに対し、[Zillah's Valley]は使い切り。こうして長所と短所を並べてみますと、総合的な性能は明らかに[Information Highway]が上回っていますね。

しかし、ここで敢えてメタ読み(妄想とも言う)をすると、[Information Highway]はLoBの構築済みにも入ってくることが判明済み。そこで、みんな構築済み買う→デッキ投入→みんな場に出す→Contested→[Information Highway]使えん!
ってなるので、そんな皆を横目に[Zillah's Valley]でさくさく場に出せれば良いよね!

なんだろう、微妙な感じがするなぁ…


全文 00:20 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年11月07日

VTES こうですか! わかりません!

MinさんのThe Return of Nergalレポートに反応して、楽しそうだったのでつい作ってみました。

トーナメントがどんな状況だったのか詳しく分からないので文章は適当だし、へぼい画像処理ですが、少しでもシチュエーションを再現できたらなと。
こんなんでどうっすか?

おまけ、テンプレ画像作ったのでご利用ください。
テンプレ画像


全文 01:17 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年10月25日

VTES vtes Player's Guide

DriveThruRPGでPDF版が買えるようになってますね。$24と$10安いし、PDFならexcite翻訳に食わして読むのも楽なので買ってみました。
なかなか読み応えがありそうです。


全文 23:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年10月19日

VTES 《支配》の訓え?

催眠術師に襲われ銀行員が客と目をあわすことが禁止に

どこのメトセラがガバコン([Govern the Unaligned]と[Conditioning]。支配上級なら+5bleedの酷いワザ)使いましたか?
最終的にはブロックされちゃったみたいですけどもー。

この記事に付いてる写真、催眠術師の手から電撃のようなものが出てますが、これが暗黒面のパワーというものでしょうか。


全文 22:39 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年10月16日

VTES vtes:デッキ構築

獣心、頑堅デッキが遊びたくなってデッキを作る…が、飽きて先覚、頑堅デッキが作りたくなり、そのままウダウダ考えているうちに面倒くさくなって昼寝。


全文 21:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月15日

VTES vtes

昨日はボードゲームを交えつつ仲間うちでまったり遊ぶ。
初めてライブラリを全部切った戦いでした。やはり剛力系殴りデッキはカード消費が早いなぁ。

※同じ行動が2回できない件について
そう言えばそんなルールありましたね。忘れてた。まぁ、ハンターデッキで2回殴れた事無いので結果オーライかもしれません。


全文 22:52 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月12日

VTES VampireHunterデッキ

rizeさんのところで取り上げておられたようなので反応。
トーナメントの1戦・2戦で使ったハンターデッキですが、基本は[Muddled Vampire Hunter]による戦闘のみ。[Precognizant Mobility]でアンタップして何度も殴りに行ったり、ブロッカーにしたり([Anima Gathering]でインターセプトとブリードも上げておく)、[Psychic Veil]や[Cloak the Gathering]で隠してあげたりという、全てのヴァンパイアたちは[Muddled Vampire Hunter]のために存在してます。というデッキにしてみました。
確実に仕留めるために[Memories of Mortality]で反撃されないとか、[Lucky Blow]でダメージ増やすなどの作戦があったんですが、[Memories of Mortality]は2枚しか持ってなかったので全然出ず。
つうか2戦目はハンターが出なかったせいで何もできなかったしなぁ(こういう時のフェイルセーフも重要だよなぁ。ノド書とか)。

ハンターがファーストストライクだし、好きに殴りに行けるから戦闘とか楽にできそうだと、つい舐めたことを考えてしまって色々失敗したデッキでした。
コンセプト自体は気に入ってるので、いずれ改造してリベンジしたいと思います。


全文 23:44 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月08日

VTES vtesトーナメント

vtesトーナメントに参加してきました。参加した皆さんお疲れ様でした。
Muddled Vampire Hunterワントップの戦闘デッキを作って持っていったのですが色々ダメでした。戦闘もブリードも中途半端だし、そもそもHunterが出ないと全く何もできないってのが痛すぎました。
つうか結局Hunterでも禄にヴァンパイアを休眠させられなかったし。色々どころか完全にダメじゃあないっすか!
1戦目、2戦目がそんな調子だったので、結局3戦目でラソンブラステブリを使ってようやく1人飛ばしましたが、結局俺も《支配》というダークサイド・フォースから逃れられないのね…

あと、ギリシャ人のNickさんと戦えたのが印象的でした。だけどNickさんが話し掛けてくれたときに何も喋れずただただ愛想笑いするしかない自分に、何か敗北感を感じましたが。
え、駅前留学しようかなぁ。


全文 01:20 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月25日

TRPG VTES 雑多に

なんか昼過ぎから気持ち悪いので残業せずに帰宅。ホントは夏休み前に片付けなきゃなんない仕事が色々と山積みなんだけどなぁ。残業しねえと益々仕事が溜まるんですが。

土曜日にエンゼルギアを遊ぶ。ちょっとはしゃぎ過ぎたかも知れません。
あと、ローンウルフとロストワールドを混同していたのを指摘されました。それまで、今度HJで展開されるのがローンウルフだと真面目に思っていた俺。

日曜日、前日のチャリ移動が響いて一回休み。
一応、借りてきた無限のファンタジアルールブックを見る。何も頭に入ってこないので「読む」ではなく「見る」。いやむしろ「ながめる」…?

公子陛下から、vtesトーナメントのお誘いメールが来ました。そうかもう2週間後だ。以前からのデッキを使おうか最近作ったのを使ったものか、迷う。


全文 20:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月14日

VTES 連想

サメディのクランマークを見てたらムーミンパパを連想した。
これ

やあ、仕事はたのしーなー! 明日もがんばろーう。


全文 23:55 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年04月30日

VTES vtes

仕事でトーナメントに出れず悔しいので、一人寂しくデッキを作った。前々からヴァレリウスが使いたかったのでトレメールデッキにしてみました。相変わらず戦闘デッキを作るのは難しい…


全文 12:09 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年03月21日

VTES 参議会

土曜日は参議会に出席。
自分のデッキの戦績はまずまず。なんだけど、戦闘デッキのつもりで作ったのに、戦闘でtorpor送りにできたのは1回だけ。press入れて、1回の戦闘でtorporに送れるように改良しよう。


全文 21:50 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年01月31日

TRPG VTES 遊ぶ

いろいろと遊ぶ。

・vtes
わらわらデッキと反トレアドールを使う。
思ったことは、わらわらデッキは見た目より扱うのが難しいということだった。当然ながらミニオン増やせば増やすほど警戒されるし。でも楽しい。
反トレアドールもまだまだ考える余地があるので何とかしたい。戦闘回避とかインターセプトとか。

・メイドRPG
キャラ作り(だけ)が面白いとのことでキャラを作る。変だった。笑えたので面白かったのは確かだが、これでゲームをやることは甚だ疑問であるというのが一同の統一見解だった。ちなみに俺が作ったメイドは潔癖症で実は天使(か悪魔)でマシンガンで武装しているけど奴隷で多くの人間を殺したというトラウマを抱えているくせにストレスが溜まるといたずらをするという支離滅裂キャラになった。
某氏が作った実はお姫様だけど孤児でご主人様に拾われたとかいうハウス名作劇場で見たようなキャラがちょっといいなぁと思ったり。

・レレレ
メイドRPGの流れからレレレの話に。とりあえず死んだキャラもガンダムSEEDディスティニーのように回想シーンやりまくれば何度でも出られるから出番がなくならないで済む。というcart氏の発言に何かもやもやが消えたような気分。つまりキャラを殺しまくっても回想シーンで思い出しまくれば出番がなくならないということか!
…で、結果的にできるのが「世界の中心で愛を叫ぶ」になるんだろうな。


全文 01:39 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年01月30日

VTES KMW

KMWで新たに追加されるベレッタの性能が微妙なことが色々と話題になっていますね。
最近マトリックスのDVDボックスを買って、[Mariano Pomposo]がエージェントに見えて仕方ない俺の目から見ると、[Mariano Pomposo]にデザートイーグルを持たせて、ベレッタを2丁持ったネオっぽい適当なクリプト(なんか良いのないだろうか)でマトリックスデッキとかやってみると楽しいかもしれない(ブリードはコンピュータハッキングとかラップトップコンピュータとか)。


全文 00:55 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年01月10日

VTES vtesトーナメント

ボロ負け。最近SWGのことしか頭にない所為か、すっかり戦い方を考えられなくなっている自分に笑った。デッキも1ヶ月手を入れてなかったしね(うーん…何か言い訳じみているな)。
でも、久しぶりに全力で考えてよい刺激になった。次はがんばろう。

宿題:ブリードのバウンス対策を考える。

その他:1ヶ月ぶりに飲む酒がものすげーうまかった。たまには敢えて禁酒してみるのもいいかも知れぬと思ったり。


全文 18:49 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2004年11月24日

TRPG VTES 昨日

サタスペとvtesを遊ぶ。
早速ラソンブラ戦闘デッキを作って試してみました。取り敢えず適当にそれっぽいカードを入れただけなので、マニューバ無いのに[Ahriman's Demesne]が入ってたりステルス系カードが全く無く決め手に欠けるところがあったりしましたが、動かしてて面白いデッキになりそうで満足。
色々改善点が見えたので手を入れていこうと思います。ラソンブラ最高! 影術すばらしー。
…なのは良いんだけど、ラソンブラって氏族の訓えを全て上級でもってるクリプトが最低9キャパなのな。
影術と剛力で殴るクリプトは支配が犠牲になるし、支配でブリードするクリプトは影術か剛力が犠牲になる。なかなかうまく行かんものよのう。訓えカードで補うしかないのか。


全文 22:07 | コメント (0)
2004年11月21日

VTES 参議会

参議殿主催のvtes参議会に出席。友若さんとbloodstoneさんのチュートリアル卓に混ぜてもらって2戦遊ぶ。
チュートリアルということで1戦目はラソンブラ構築済みを、2戦目はより実戦的にということで(?)ちょっと前に作った反トレアドール選挙を使用。
チュートリアルについては、参議殿の教導スキルの高さに心を打たれました。俺は人にものを教えるのが苦手なので。

ラソンブラ構築済みについての雑感。
戦闘カードを戦闘回避のためにしか使ってなかったので、[Arms of the Abyss]とか初めて使ってみて改めて影術の戦闘系カードとの親和性を認識。やはり頭で考えるのと実戦で見るのは違います。
やっぱりラソンブラ戦闘デッキも作ってみたいなぁ。[Increased Strength]とか[Torn Signpost]でStrength上げて[Thoughts Betrayed]上級で[Majesty]とかで逃がさないぞぅ! ボコにしちゃる! しかも[Shadow Strike]で距離をとってサンドバッグ状態だ! てのをやってみたいものです。
minionを休眠させるか甘んじて支配ブリードを受けるかをpreyに選ばせる。そんな感じのデッキにしてみたい。

自分用メモ \2,000


全文 13:13 | コメント (0)
2004年10月27日

VTES Dark Sovereignsが

いつの間にかDark Sovereignsがpotomac(vtes扱うゲームショップ)に置いてありますね。物欲が…
冷静に考えると、欲しくて堪らないってほどのものではない(今はCEとSWとゲヘナのブースターの方が欲しい)んだけど、品薄でなかなか手に入らないものではあるので迷ってしまう。


全文 22:20 | コメント (0)
2004年10月26日

VTES ランキング更新

この間のトーナメントの結果を受けてV:EKNのランキングが更新されてました。矢張り自分の成績が目に見えたかたち出ててくると張り合いがあるなぁ。

ところで体調のほうは相変わらず咳が止まらずです。このところ咳のし過ぎで腹筋が筋肉痛という非常に間抜けな事態になっております。


全文 21:31 | コメント (4)
2004年10月20日

VTES 風邪

風邪ひいて鼻水が止まらず難儀してます。明日には治るだろうか。

イベント(ゲヘナ)カードが一枚制限なのは了解です。つうか昨日のを書いてる時点でありえなそうとは思ってました(そういうコンボの話を一切見聞きしなかったし)。


全文 22:08 | コメント (0)
2004年10月19日

VTES 夢のコンボ妄想

[Dragonbound]は手札引きなおせないけども、ラソンブラの[Nahir]がいれば大丈夫。こいつはマスターフェイズアクションで1pool払ってカウンター乗せると手札が1枚増えるので、カウンター10個で手札17枚です。この状態ならば[Dragonbound]10枚出しても手札の枚数は何ら変わらない訳です。
さあ! ヴァンパイアをTorporに落としてディスカードフェイズに10ダメ喰らわして敵を飛ばすのだッ

妄想はおいといて現実的な話
・[Dragonbound]は何枚も張ると警戒されると思う。つうか、10枚置いてるうちに確実に飛ばされるな(3枚置ければ御の字か?)。
・[Nahir]は10キャパで重いので高速化したい(支配使えるから[Govern the Unaligned]で他のminionは早く出せるけど)。
・あと、カウンター乗せると警戒されて[Bum's Rush]で殴られそう(むしろ剛力と影術で返り討ちにしたい所)。
・Torporに落とした後、戻ってこないようにする対策(自力で戻ってこられると、ブロックしたときに喰っちゃうので、再生不能ダメージより剛力で血を空っぽにしたほうが良さそう)。
・そもそも同じゲヘナカードを何枚も場に出せるのかよくわかりません!


全文 21:48 | コメント (0)
2004年10月18日

VTES 続き

[Maxwell]も[Jalan-Aajav]とよく似た訓えを持ってるなぁ。つうか9キャパで5つの訓えが上級でしかもプリンスに立候補できるなんて!
爪で休眠させた後のケアは[Dragonbound]などはどうでしょうか。いや持ってませんけども。このカードはCartどんも目をつけてそうだなぁ。ノスデッキと相性良さそうだし。


全文 23:30 | コメント (0)
2004年10月17日

VTES vtes

いつものメンツで3戦遊ぶ。
調整したラソンブラデッキは快調に動いたので満足。あとは微調整でよさそう。やっぱり影術はすばらしい。
それと、カードを眺めながら色々駄弁っているうちに反ギャンレルを中心とした戦闘デッキが作りたくなってきました。ブラックハンドの反ギャンレルは剛力と変身持ってるのが多くて、戦闘では敵を次々とちぎっては投げてくれそうです。特に[Jalan-Aajav]は頑健、剛力、変身を上級で持ってる上に1点血を燃やすと再生不能ダメージを繰り出せる素敵キャラ。こいつは是非使ってみたいものですな。


全文 23:25 | コメント (0)
2004年10月13日

VTES トーナメントを振り返る

1戦目 BM氏(マルカヴ)→Cart氏(ノス)→参議殿(ジョ)→俺(ラソ)→公子陛下(プリンス)。
1時間で飛ばされる。参議殿と公子陛下というド迫力コンビに囲まれながらも健闘したつもりだけど力及ばず。「僕はあの人に勝ちたい…!」とかガノタっぽいことを思う。

2戦目 俺(ラソ)→BF氏(セト)→Cart氏(ノス)→BM氏(マルカヴ)。
なかなかパワーバランスが崩れず長期戦に。
選挙カードやブリードカードの出が今ひとつで決定打に欠けるが、粘った末に引いた[Kine Rsource Contested]とブリードでBF氏、Cart氏を続けて飛ばして終了。インターセプトと選挙の不足を感じる。

3戦目 Min氏(ツィミ)→Cart氏(ノス)→Haraguchi氏(薄血)→BF氏(セト)→俺(ラソ)。
Cart氏の[Antediluvian Awakening]と[Anarch Revolt]が吹き荒れる中、しばらくMoncada一人で戦うという絶望的状況に。ブロックできない上に[Deflection]も出ず([Deflection]入れてるからブロックできなくても問題ないと思ったのが甘かった)、poolをごりごり削られてあっという間に飛ばされるかと思ったが、Min氏とHaraguchi氏の談合に乗っかる形でしぶとく生存。
その後体制が整ったところで疲弊したMin氏を飛ばすも、時間切れ。

決勝 Min氏(ツィミ)→参議殿(ジョ)→笠幻氏(プリンス)→俺(ラソ)→公子陛下(ギャン)。
なんか俺浮いてる! などと思いつつ決勝進出。
笠幻氏の選挙デッキの猛攻の前にあっという間に飛ぶ。やはりインターセプト分の不足を感じる。
疲れてしまったので、脱落後すぐに抜けて雑談に加わってしまったのだけど、他の人がどういう戦い方をするのか見ておけばよかったかな。
ということで結果は5位。

帰りに内陣の方々と飲み。
セッションに誘っていただいたり、WoDで萌えキャラを運用する方法論を聞かせてもらったり、反ヴェントルー11歳(こう書くとVNIみたいだ)の逸話を聞かせてもらったり。なんか聞き役にまわってばかりですが、自分の浅瀬知識ではディープな話題についていくので精一杯でありました。


全文 23:16 | コメント (0)
2004年10月11日

VTES ラソンブラデッキについての反省

トーナメントを振り返って自分のデッキの反省点を考えてみる。
1.インターセプト分が足りない。
2.cryptが重い。
3.選挙分がどっちつかず。cardinal、priscus、archbishopが入ってるのに選挙カード少ない。
4.Moncadaの存在。

1.バイクか新聞社かラジオ局で安定した迎撃を心がけるしかないか。どれが良いかな…
2.重いのはしょうがないとしてアドバイス通り[Minion Tap]を入れて回復できるように。
3.選挙カードを若干増やしていく…か? 或いはすっぱり諦めてステブリ&インターセプトにするか。
4.やはりブロックできないのは致命的。別のラソンブラをアンタップできても、失うものの方が大きいと実感。そういえば構築済みに入ってるcardinalの人はmasterカードを捨てるとインターセプトつくんだよな…


全文 20:25 | コメント (0)
2004年10月11日

VTES Crusade:Saitama第1回

ラソンブラデッキで参加。急ごしらえのデッキにしては良く戦ったと自画自賛。結果は決勝進出するも惨敗ですが、決勝進出できるほど甘くは無いと思っていたので自分としては予想以上に満足できる結果でした。
これ以上の詳細は…気が向いたらいずれ。


全文 01:31 | コメント (2)
2004年10月05日

VTES デッキ

今だにどうしようかとあれこれ悩む。変に改造するとバランスがわけわからんくなるから辛いのう。
ひとまず選挙に対してどうするかだけでも考えておこう…


全文 00:24 | コメント (0)
2004年10月03日

VTES vtes

土曜日はデッキ調整戦とトレード。そして公子さまに貰ったカードを仲間内で分配(公子様ありがとうございます)。
新たに作ったラソンブラデッキをテストしてみたところ、そこそこ戦えそうな感触。2戦やって戦い方や欠点など見えてきたので、今日になって若干の修正を加えてチューニング。
しかし対戦しているときは何が問題なのか良くわかるんだが、デッキを組替えてるとどうしていいかわからなくなるなぁ。対戦中気づいたこととかがぼやけてくるというか…


全文 23:16 | コメント (0)
2004年09月30日

VTES vtes

影術は良いですな。でも影術はプレコンのカードだけだとメインに据えるにはちょっと破壊力不足(そんなところがまた良いのだ)。現状だとデッキ組むには支配か剛力をメインにして影術でサポートというのがセオリーっぽい(支配ならステルス系、剛力ならインターセプト系がよさそうな)。

確かに[Descent into Darkness]は面白いですね。遠いところ(ゲーム外)に旅立って充電した後、帰ってくるという訳ですか。その間手数が減ることを考えると、うまく使うのは難しそう。
([Fame]とか[Haven Uncovered]をつけられてボコられたときに逐電するといった後ろ向きな使い方くらいしか思いつきませんな)


全文 23:31 | コメント (0)
2004年09月29日

VTES ラソンブラデッキ

サバトウォーを眺めているうちにラソンブラの影術が面白そうに思えてきた。
ステルスとインターセプトと戦闘に使える訓えっていいなぁ。ラソンブラは支配も使えるので、支配でブリード能力を強化すればオールマイティなデッキが作れそう。
しかし大抵のことができるって事はどの部分でも中途半端になりかねないわけで、どの部分に特化するかがポイントだろうな。
作りやすいのはステルスブリードタイプかなぁ。あーラソンブラデッキ作りたくなってきた。


全文 00:30 | コメント (0)
2004年09月24日

VTES サバトウォー到来

というわけで今日届きました。
早速デッキ眺めてハアハアすることとす。


全文 22:52 | コメント (0)
2004年09月23日

VTES vtesの話

うはwwwwwww俺南無wwwwwww
potomacにサバトウォーの再販が入ったとかで、しかも$53だそうな。俺はWhiteWolfから$79で買った直後だってのに。
間が悪いことこの上なし。

選挙デッキを作ろうと考え、ヴェントルー構築済みとトレアドール構築済み(の残骸)とバロン構築済みを広げ、あれこれ考える。言うまでも無いことだけどプリンスたちは重いなぁ。
[Michael Luther]はやっぱりイイ奴だよな。ということで、トレアドールで作ってみる。なんか、マスターカードが多くなってしまったが(選挙カードと同じくらい)こんなものかのう。一度動かしてみるしかないな。

合わせてトレアドール殴りデッキも改造(というかデカダンの数が足りないのでアンチからメンツを引っ張ってきて混成に)。カードをいろいろ入れ替えてて気づいたのだけど、戦闘デッキに投入すべき寝たふりカードは[Wake with Evening's Freshness]より[Forced Awakening]の方が優れているのではないのだろうか。[Forced Awakening]はその場でカード引けるから、手札を減らすことなく戦闘できるわけで(先覚でなんとしてもブロックしないと血を失いますが!)。


全文 22:59 | コメント (0)
2004年09月20日

VTES やっちまった…

WhiteWolfのサイトからサバトウォー構築済みをふらふらと衝動買い。やはりストレスが溜まってるときにこういうものは見るんじゃないなぁ。共同購入でブースターも買うってのに。
やはりCCGは魔物です。


全文 20:47 | コメント (2)
2004年09月12日

VTES 砂上の楼閣(ちょっと意味違う)

昨日もvtesで集まり。詳細はcart氏のところ参照ということで。2戦2勝ということで、俺のデッキ強えぇ! とか思ってたんですが、ルール確認したらとんでもない誤解してました。
トレアドール殴りデッキでBlurやらAcrobaticsで追加攻撃しまくり! という感じでやってたんですが、今日別件で気になったことがあってルールを確認したらこんなの発見

A minion cannot use more than one card or effect to gain additional strikes per round of combat.

つまり、1ラウンド中にAdditional strike効果は1回しか使えないって事ですが、俺はこれを知らずに1ラウンド中に何枚も使ってました…
そりゃ強いわけだよ。肉切り包丁とか持ってるだけで1ラウンドでtorpor送りとか普通にできてたし。
ルールをよく読まなかったことを深く反省し、Flashとか増やしてpressを得て殴り続ける方向に修正することにします。

ちなみに今回のMalcavian Gameは2枚出して2回ともジャンケンに敗北。あいこが出てたので合計5プール奪われました。でもそこから逆転して勝てたのですげえ嬉しいっすよ。


全文 11:50 | コメント (0)
2004年09月05日

VTES vtes教化の会

内輪でのvtes教化ということでcart氏宅に集まってプレイ。
俺はこないだ作ったトレアドール殴りデッキを教化そっちのけで楽しんでました。初心者の人への慣らしを押し付けた形になって申し訳ないなぁ。

トレアドール殴りデッキは、先覚でインターセプト、威厳でブリード、俊足で戦闘(破壊力は装備品でカバー)というコンセプトで作ってみたデッキで、戦闘面に関してはノスフェラトゥやブルハーに殴り負けるところが無かったのでまずまずの出来。肉切り包丁をもって攻撃を回避後に追加攻撃、追加攻撃、追加攻撃…
相手を一撃でtorpor送りにしたりして、おお、ちゃんと蝶のように舞って蜂のように刺してるよ! と自己満足。
しかしブリードは殆ど通らず難儀しました。マルカヴでのステルスブリードに頼っていた自分に反省。殴りとブリードのバランスがこのデッキのキーの様です。


全文 12:38 | コメント (2)
2004年09月02日

VTES 今度はトレアドール

土曜日に内輪でvtesをやるので、こないだのCrusade:Saitamaで入手したトレアドールに手を入れてデッキを作ってみた。
土曜日はこのデッキで、蝶のように舞い、蜂のように刺すぜ!

つうかこのデッキこれで大丈夫か…? 何しろ試して見るしかないかなぁ。


全文 23:30 | コメント (0)
2004年08月29日

VTES Crusade:Saitama

MELT-DOWNさん主催のvtesのトーナメントCrusade:Saitamaに行ってきました。
結果はというと、デビュー戦でありながらまさかの2位という大戦果にちょっとビビリ入りました。
まあゲーム的には、1戦目で2人抜き、2戦目で最初にリタイア、決勝戦も最初にリタイアという、これだけ聞くと初心者ならではのビギナーズラックとしか見えない勝ち方だったわけですが(実際そうなのかも…)。
1戦目では、出たら良いなぁ程度に思っていたMalkavian Gameが思い切り炸裂し、勝利することができました(Malkavian Gameは、ざっくり説明すると対象のプレイヤーとじゃんけんをして勝つと相手から命を奪い、負けると相手に命を奪われるというもの)。
決勝戦では手札に来たを1枚使いじゃんけんに勝利。調子に乗ってSibyl's Tongue(ライブラリから指定したカードをドローできる素敵カード。参議殿に頂きました)でライブラリからもう1枚を引いて一気に畳み掛けようと思いましたが、そこはそれ、出すぎた行為が公子さまの琴線に触れ、2枚目を使う前に殺されました。やはりこのゲームは目立ちすぎるとダメですねー。


全文 23:09 | コメント (0)
2004年08月27日

VTES デビュー戦に向けて…

デッキ調整をしたいけど作戦も分からんしカード資産もない。
今の俺に何ができようか。
反マルカヴ構築済みにちょっと手を入れただけのデッキでどのくらい持つのか見ものだなぁ。


全文 23:57 | コメント (0)
2004年08月16日

VTES 土曜日から日曜日

やはり物欲が抑えられないので、バロンとギャングの構築済みを買う。
買って、「さぁ家に帰って開けよう」と思ったら部下から電話。作業がトラブっているらしくそのまま会社に。会社で東京湾花火が見られて「やったバンジャーイ」と嫌な気分を紛らせつつ、デッキを開ける。当然「仕事しないのかよ!」という突っ込みが予想されますが、基本的に助言と説教をしつつ傍で見守るだけなので暇なのです。
Criptのクランがバラバラなのと、Catiffの血が1しかないのに驚きながら、反マルカヴデッキに組み込めそうなカードの目星を付ける。だがサバトのCriptが居ないので、デッキのCriptを調整できないのが辛い。ブースター欲しいなぁ。
つうかクランがバラバラのデッキってルール的にOKなのか。そうなるとMethuselahのクランは何になるんだろう?

そのまま朝までまんじりともせずに過ごすが、トラブルも一部解消し、一部はどうしようもないので月曜以降他の担当者に聞くことにして帰宅。
帰宅途中地元の駅で有明に向かう集団に遭遇し、うはwwwwwwwwヲタ大杉wwwwwwwwっうぇ てな気分(どんな気分だよ)を味わう。

家に帰ってゴロゴロしながらデッキを調整。Cript欲しいなぁ。つうか、一通りのクランの構築済みとブースターが欲しいかも。だんだん物欲が膨らんできてヤバイっす。


全文 17:07 | コメント (4)
2004年08月13日

VTES デッキ解読

反マルカヴィアン構築済みに一通り目を通す。stealthと選挙とbleedとinterceptができる模様。でもinterceptしても攻撃能力も防御能力もあまり無いので、その後どうするかが問題かも。
stealth能力が高いので、隠れてbleedが主な戦術になりそう。
選挙の使い勝手はカードの内容をまだ理解してないので分かりませんが、結構な数の選挙カードが入っていたのでそこそこやれるのかも。ただ、票を操作するカードは無いみたいなので、選挙を通すための交渉が重要になりそう。
あと、Malkavian Gameも入ってました。


全文 22:50 | コメント (0)
2004年08月12日

VTES ついに購入

新宿イエサブにVTESのthe BLACK HANDの反マルカヴィアンと反トレアドールの構築済みスターターが1つずつあったので購入してしまいました。
すっかり洗脳されつつあります。これで両足突っ込んでしまったので、あとは深みに嵌っていくだけですな。
これから内容を読んで把握していこうと思います。次は自分のデッキで遊べるといいなぁ。


全文 23:38 | コメント (1)
2004年08月10日

VTES VtES

友人cart氏宅で遊びまして、気持ち良く勝利の美酒(生き血か?)に酔うことができました。
ヴェントルー、ノスフェラトゥ、ブルハー、トレメールという顔ぶれで、まともに選挙ができるのが自分のヴェントルーだけだったため、選挙活動が悉く通ったお陰で比較的楽に戦えたと思います。トレメールかノスフェラトゥがトレアドールだったら(こちらも選挙が強いので)こうは行かなかったでしょう。
(票を持っているprimogenのNakovaを初期段階で呼び出せたのも大きかったかと)
あとは、cart氏も書いているように頑健によるダメージのプリベントやブロック阻止。威厳による戦闘/ブリード回避で終始自分のペースで戦えたのが勝因ですね。
ヴェントルーとブルハーの構築済みデッキはかなり初心者向きだと思います。少なくともヴェントルーは、(基本ルールを知っているだけの)自分でも殆ど迷うことなくデッキを使うことができましたから。

VtESにはまりそうで怖いなぁ。昔MtGにはまった自分としては昔ほど無茶はしないと思いますが。


全文 20:29 | コメント (0)

カテゴリ

その他(172) チャリ(10) 美術(6) 自分語り(40) 読書(35) GAME(56) Google来訪者(8) MRQ(59) RO(19) RQ(69) SWG(45) TRPG(30) VTES(78) 映像(43)

アーカイブ


シンジケート

Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2