ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

2006年12月31日

美術 エッシャー

Bunkamuraミュージアムのスーパーエッシャー展を見に行ってきました。年末だというのに(だからこそか? みんなもっと他にすることあるだろ、大掃除とか)物凄い混み様でチケット待ちの行列がずらーっと並んでおりましたが、今回はタダ券を持っていたのでその行列を横目に入り口へ。こんなときにはちょっと優越感を感じます。

まあ行列をみた瞬間ちょっと帰ろうかと思いましたが。それだけ外で待っているということは、中も混みまくりで絵よりも後頭部の方をよく眺めることになりそうです…

spacer.gif
絵を見てて気づいたのですが、「球面鏡のある静物」という作品にでてくるこの謎の鳥、どこかで見たことがあると思ったらおばちゃんじゃないですか! ゼルダにまで影響を及ぼしているとは。

エッシャーの絵は実に素晴らしいですね。


全文 23:33 | コメント (0) | トラックバック (0)
2006年11月04日

美術 ベルギー王立美術館展

上野に見に行きました。連休中とあって混んでました。
ブリューゲルの「イカロスの墜落」とマグリットの「光の帝国」の実物が見れて大満足です。
油絵はいいなぁ。と思う次第です。

上野では他にダリ回顧展をやってましたが、こちらは大盛況で入場まで30分待ちの行列が出来ていました。ダリって意外に人気あるんだな。


全文 21:15 | コメント (0) | トラックバック (0)
2005年11月26日

美術 スコットランド国立美術館展

見てきた。印象派の風景画は良いなぁ。


全文 22:58 | コメント (0) | トラックバック (0)
2005年11月25日

美術 スコットランド国立美術館展

bunkamuraで開催中なので、今日見に行こうと思ってたんですが仕事で行けず。嗚呼。

明日こそは、これとΖを見に行きたいものです。


全文 23:53 | コメント (0) | トラックバック (0)
2005年08月10日

美術 刀剣博物館

初台にある刀剣博物館に行ってみました。
村正、正宗、備前長船を始め、様々な年代の刀が展示されてて、それぞれ来歴や製法などの解説がついてました。解説は専門用語が多くて半分も理解できませんでしたが、刀身が太いもの、細身のもの、切っ先が長いものなどなど、形状を見比べるだけで楽しめました。

村正は刃の刃文が意外におとなしめで、伝説やらゲームで受ける印象と比べると質素というか地味な印象でした。
正宗は刀身の溝が二本あって特徴的だったのが印象に残っています。
義助という銘の短刀は、倶利伽羅竜が刀身に透かし彫り(と言っていいのかよくわからんけど)で掘り込まれていて印象強かったです。倶利伽羅というとメガテンの倶利伽羅の小太刀を思い出しますが、この義助はそのモデルになったのかなぁと考えずにはいられません。

刀剣博物館とメガテンといえば、最初のメガテンTRPG(鈴木大司教が作った奴ね)をやったとき、戒厳令下に置かれた東京で武装を調達しようって話になって、刀剣博物館で日本刀を仕入れようとしたけど、当然のように自衛隊に制圧されてて武器調達作戦が失敗に終わったのを思い出すなぁ。懐かしい。


全文 22:22 | コメント (2) | トラックバック (0)
2005年03月01日

美術 刀剣博物館

前々から行ってみたいと思っていたのですが、何かの番組でほんのちょっと紹介されてたのを見て、行きたい感情が高まる。
参宮橋が最寄駅なのか…参議会の前にちょっと覗いてみようかなぁ。

http://www.touken.or.jp/museum/index.html


全文 21:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリ

その他(140) チャリ(9) 美術(6) 自分語り(36) 読書(28) GAME(40) Google来訪者(6) RO(18) RQ(73) SWG(43) TRPG(22) VTES(64) 映像(40)

アーカイブ


シンジケート

Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2