ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

2008年06月29日

映像 今週のマクロス

ブリタイ→オゴタイ
カムジン→テムジン

今作はとことんテンプレを踏襲しておりますなぁ。
柿崎に当たる人の登場を期待していいものか。

今週の見どころは、歌いながら降下して来るランカでも鼻血を噴くゼントランでもマクロス級の残骸でもなく、シェリルの宇宙船がSFっぽくモーフィング変形するところでありました。
正直パーツの組替えっぽい感じの変形は見飽きていたので、あの宇宙船の大気圏突入形態への変形はアニメとしては新鮮です。

最後に登場したマクロス級はメガロード-01かと思って(第一次移民船団として地球を出発するが消息不明になった)慌ててwikipediaを調べたんですが、変形機構は搭載してないと書いてあって、メガロード-01ではないっぽい。なんだろう。

あー、wikipedia見てると昔の作品を見たくなるなぁ。


全文 21:55 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年05月24日

映像 マクロス

シェリルがエクスギア(アルトたちがコクピットでつけてる対Gスーツ兼フライトユニット)で生卵を掴むシーンは、VF-1の搭乗訓練でバトロイドで生卵を割らずに掴むというあれか!

確か元ネタは無印当時の設定資料本に収録されていたもので、当時小学生だった俺は立ち読みした覚えがあります。
どんだけ狭い層を狙ったネタなんだ。


全文 11:48 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2008年03月30日

映像 ガンダム00最終回

コーラサワー生きてるじゃねえか!(連邦軍一同が敬礼するシーンでカティ大佐の後ろにいました)
先週コクピットで光に包まれたので、これは間違いなく死んだと思ったんですが…
なんと言う生命力。コーラについてはギャグなので死なないのでしょうか。

これは後半も見なければなりますまい。


全文 23:56 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年12月29日

映像 魍魎の匣 映画版

公開初日に見ました。
ある程度グロくて怖いのは覚悟してたけど、つくづく自分はホラー映画耐性が無いことを実感しました。
こええよ!

このエントリ書くのにも心の整理が必要でしたし。
感想を書こうと思って、映画のストーリーと原作を照らし合わせて色々と考えれば考えるほど、何ともいえない気持ちの悪さみたいなものがこみ上げてきて恐怖感を増幅してしまう。ということを繰り返して書くに書けないというのを一週間続けてました。どんだけトラウマになってんだ。

映画そのものへの感想としては、原作の精緻な部分を殺ぎ落として分かりやすい部分を下世話に増幅した感じで、凡庸な作品になってしまったなぁ。というのが率直なところです。


全文 04:18 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年12月19日

映像 炎と氷の歌予告編

ファンがいろんな映画をつないで作ったMADですが、凄く出来が良くて本物のトレイラーみたいです。
殆ど元ネタが分からないなぁ。



全文 00:27 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年09月16日

映像 コーラサワー

今時は、飲み屋に行ったらコーラサワーがメニューにあるかを確認せずにはいられません。
それでメニューに無かったら「分かってないよなこの店は」とか偉そうなことを言って仕方なくビールを飲んだりする訳です。

参考 パトリック・コーラサワー


全文 21:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年08月06日

映像 阿佐ヶ谷にサッチーがいたらしい

これ


全文 23:41 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年08月06日

映像 とことん!押井守

BS2で昨日からとことん!押井守という特集をやってます。昨日は攻殻の映画版をやってました。
番組表を見るに、10日のパトレイバーと7日、8日、11日のうる星やつらが楽しみ。あとアヴァロンもイノセンスも見てないので、この機会に見ておきたいものです。


全文 23:39 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年06月10日

映像 300

観に行ってきました。小賢しいストーリーとかほとんどなく、ただひたすら殺戮を繰り返す様にただただ圧倒されました。
腕と足と頭がポンポン飛びまくる様がいっそ清清しい。こういう映画で足を飛ばす描写をするのは珍しいかもしれませんね。

あとは、
嵐で沈むペルシャ船団を見て、嵐の中大喜びをするスパルタ人にオーランスの魂を感じ、
「盾を上げられなければ、左の仲間を守ることはできない」との台詞にイェルマリオの魂を感じました。
やはり映画の演出は文章で説明されるよりも何倍も分かりやすいですなぁ。


全文 02:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年06月10日

映像 ガンダム00続報

以前

ナレーターが古谷徹というだけで見る価値はあるかもしれない。

等と言いましたが、

刹那・F・セイエイ。口数の少ない16歳の少年のガンダムマスター。
謎の私設武装組織(ソレスタル・ビーイング)に所属する。
特殊暗躍傭兵(エレメンタル・マックシング)の一人。
全世界を相手に戦争を終わらせるために戦う、熱血漢と冷徹さを兼ね備えた男。
しかしまだ子供のような所があり、世間知らずな行動に出る事がある。
たった一人で戦艦を30隻壊滅させたという最優秀な成績を持つ。
だが、彼が戦う理由は今だに謎に包まれたままである。
愛機は、私設武装組織(ソレスタル・ビーイング)が
彼のために特別に開発したガンダムエクシア。
このガンダムは通常の人間が乗るとGに耐え切れず、精神崩壊を起こしてしまうため刹那以外の人間は全く使いこなせないと言われている。

この設定は無理だ…古谷徹でもフォローしきれねえだろ…


全文 02:32 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年06月04日

映像 ガンダム00

ナレーターが古谷徹というだけで見る価値はあるかもしれない。


全文 00:24 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2007年04月15日

映像 怪物王女

怪物くんをモチーフにしたマンガ原作のアニメ。4/12深夜よりスタート。
原作が好きなので見てみました。
本編の出来が微妙だったり、原作からの設定改変が気になるところで色々言いたい事はありますが、エンディングがかなり良い出来だったので許すことにします。本編も予想してたほど酷い出来ではなかったですし。
まぁ、作画の微妙さ加減は、原作の絵の微妙さ加減を再現した物と思えば許せなくも無いですな。

OP

ED


全文 00:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2006年12月11日

映像 魍魎の匣映画化

ほう

それは本当なのだろうか。
実相寺監督は亡くなったが、キャストは姑穫鳥の夏とほぼ同じだとか。

あのみつしり小説と加奈子がどうなるのか楽しみであります。


全文 22:04 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月30日

映像 R2-D2なPC

http://ciberia.ya.com/sevilorcio/

すげえ。欲しい。


全文 02:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月23日

映像 レゴで作るスターデストロイヤー

レゴで作ったスターデストロイヤー(ヴェナター級)がeBayに出品されてます。

ディテールも忠実に再現されてるし、よくここまで作りこんだなぁ。凄いものを見ました。
落札価格も3万ドルを超えてて、こちらも凄いことになってます。


全文 12:18 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年12月15日

映像 ゲド戦記

ジブリの新作がゲド戦記だそうで。
これ、どのエピソードを映画化するんだろう。やはり1作目の「影との戦い」でしょうか。
15年くらい前に「影との戦い」の新書版は読みましたけど、ドラゴンなんて出てきたかなぁ? つうか、「影との戦い」って後半はわりと暗くて泥臭くて地味な展開だったような記憶がうっすらとしてて、ジブリ映画っぽくない気がするんですけども。


全文 01:45 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年11月26日

映像 Ζガンダム 恋人たち

見てきた。
情報量多いなー。

以下ネタバレのツッコミ。

続きを読む "Ζガンダム 恋人たち"
全文 23:42 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年10月01日

映像 銀河ヒッチハイクガイド鑑賞

ようやく銀河ヒッチハイクガイドを見てきました。前回のきつねつきさんのアドバイスに従わず、VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズへ仕事が終わるとともに直行しまして。
で、内容ですが、全編に散りばめられた小ネタが、モンティパイソンを彷彿とさせます。この辺のさりげないギャグや、繰り返しギャグは、決して爆笑するほどではないですが、思わずくすっと笑ってしまうものが多くて、映画館で見るにはこれくらいの笑いが丁度良い感じです。

ストーリーでもお笑いでも引き込まれる魅力がある作品でした。原作読みたくなってきたなぁ。


全文 01:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年09月29日

映像 V(ビジター)PART4

すっかりビジター鑑賞日記と化しております。
元CIAのタイラーが参戦し、戦力が向上したレジスタンスは、反抗作戦に撃って出ます。テフロン弾で銃撃戦でも対等に戦えるようになって(それまではボディアーマーで防がれてばかりだった)、ばったばったとなぎ倒されるビジターたち(それにしてもビジターの射撃は下手すぎると思うのですが)。
そう言えば、FBIやCIAや軍がレジスタンスたちを取り締まったりする描写が一切ありません。戒厳令が敷かれているなら、治安維持は軍がやると思いますが、警察とビジターしか出てきませんね。
情報に精通したこれらの組織は、ビジターの陰謀が暴かれることを考慮して既に潰されているのでしょうか。
国連事務総長を摩り替えたとはいえ、FBIとCIAと軍の上層部まで摩り替えるのは困難だろうから、科学者大弾圧の時に既に潰してしまったのかもしれません(食料庫に入れられた人間の大半は軍人とか?)。


全文 21:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年09月21日

映像 V(ビジター)PART3

日テレ月曜映画より。引き続き視聴。
友好的なエイリアンを装って、メディアと権力を掌握し、協力する者には飴を、反抗するものには徹底した鞭を与えるビジター(エイリアン)たちと、ビジターの正体と真の目的(地球から水と、食料としての人間を奪うこと)を知り、それに反抗するレジスタンス。という図式と、そこに絡む様々な立場の人間を描写した群像劇が、良くあるエイリアン侵略モノと一線を画していて気に入っています。


全文 00:40 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年09月13日

映像 銀河ヒッチハイクガイド

http://www.movies.co.jp/h2g2/
土曜日から公開が始まったようです。原作読んだこと無いんだけど、トレイラーを見ると面白そうなので、見に行ってみたい。


全文 00:13 | コメント (4) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年09月06日

映像 V(ビジター)

視聴。懐かしい。
昔は気づかなかったけど、楽隊がエイリアンのシャトルを迎える時の曲が、スターウォーズのテーマを微妙に変えた曲になってて笑った。今ならこういうのは真っ先に吊るし上げを喰うよなぁ。
しかし異星人を出迎えるのにスターウォーズのテーマ(の、パクり)とは、凄い皮肉です。


全文 23:35 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月30日

映像 クローン大戦観た

前回はラストを見逃したので、再放送してくれた日テレに感謝。
つうかメイスとグリーバスの絡みってあれだけか! グリーバスが喘息持ちになるんだから、もっと激しい戦いがあるもんだとワクテカしてたのに!

それより何より、来週からVを立て続けにやるのか! 懐かしいな。


全文 23:57 | コメント (4) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月30日

映像 クローン大戦VOL2

今夜スターウォーズ クローン大戦VOL2の再放送やるじゃないですか! 前回は録画に失敗してラストが見られなかったので、今回こそはちゃんと見届けたいと思います。


全文 00:01 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月09日

映像 チームアメリカ

見てきました。アメリカの馬鹿っぷりをうまく皮肉ってて面白かったです。オープニングでパリに現れたイ○○ム過激派のテロに対してミサイルで応戦し、エッフェル塔と凱旋門をぶち壊したりとか、カイロでテロリストを追跡中にやっぱりミサイルをぶっ放してピラミッドを壊したり、とにかく脳たりんな国際警察で笑わせてくれました。
各所に散りばめられた映画のパロディと、北の将軍様と手を組んだハリウッドの俳優達(彼らはF.A.Gという集団に属してて、チームアメリカの活動に批判的。何故か字幕のルビにカマ野郎とあった)と戦うという設定が、アメリカだけじゃなくてハリウッド映画も虚仮にしてて笑った。中でも、マット・デイモンのセリフが馬鹿っぽい発音で「まっと・でいもーん」て言うだけなのが下らなすぎて本当に笑った。
他にも俺が気づいてないネタが沢山ありそうなので、ハリウッド映画のメジャー所を一通り抑えてる人は見てみると良いのではないでしょうか。

最後に、北の将軍様が黒豹を飼っててチームアメリカを襲うシーンがあるんだけど、出てきたのが只の黒い猫で、猫に豹の吼え声を被せてるだけってのも面白かった。確かに、人形のスケールから考えると猫くらいの大きさで黒豹を再現できるのは分かるんだけど、見た目猫だし、普通に「にゃー」と鳴いてる顔に吼え声を被せても画面からちっとも緊迫感が伝わってこなくて腰砕け感がたまりません。


全文 21:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年08月04日

映像 ジェダイVSシス星取表

さて、シスの復讐も上映が始まって大分経ったので、全エピソードにおけるライトセイバー戦のまとめを書いてみました。

EP1 ファントム・メナス
△ダース・モール
△クワイ=ガン・ジン
タトゥイーンでの対決。クワイ=ガンが宇宙船に飛び乗って逃げ延びたので引き分け。
○ダース・モール
●クワイ=ガン・ジン
オビ=ワンと引き離された隙を突かれて倒される。クワイ=ガン・ジンは剣技に関しては定評があるという設定があったような…
○オビ=ワン・ケノービ
●ダース・モール
クワイ=ガンを目の前で殺された怒りによりパワーアップしたオビ=ワンによってダース・モール真っ二つ。この時のオビ=ワンは完全に逆上していて明らかに暗黒面に足を踏み入れてます。

EP2 クローンの攻撃
○ドゥークー伯爵
●オビ=ワン・ケノービ
オビ=ワンはここではかませ犬です。
○ドゥークー伯爵
●アナキン・スカイウォーカー
電撃でノックアウト&右手切断。付け焼刃の二刀流では矢張りまともな勝負にならないということでしょうか(ジェダイの剣術には二刀流は無いらしく、このときライトセイバーを渡したオビ=ワンの意図も不明ですが、推理するに対ジェダイの型であるマカシをマスターしたドゥークーには、正攻法では勝てないと悟ったオビ=ワンの苦肉の策なのでしょうか)。
△ドゥークー伯爵
△ヨーダ
ドゥークー逃亡により引き分け。ドゥークーが早々に撤退したところを見ると矢張りヨーダに分があったと見て良いでしょうか。

EP3 シスの復讐
○ドゥークー伯爵
●オビ=ワン・ケノービ
バルコニーの下敷きにして気絶。クワイ=ガンの師であるドゥークーに対して、オビ=ワンは徹底的に弱い様です。
○アナキン・スカイウォーカー
●ドゥークー伯爵
割とあっさりと勝つことで、前回よりも成長していることを強調。
○パルパティーン+
 アナキン・スカイウォーカー
●メイス・ウィンドウ他
メイス以外のジェダイは5秒以内に死んでいるので殆ど数に入れてません。パルパティーンの手抜きに調子に乗ったメイスに、アナキンの裏切りが炸裂しシス二人の勝利。
○パルパティーン
●ヨーダ
パルパティーンがヨーダを全く寄せ付けず圧勝といった感。メイス戦とは違い、パルパティーンには余裕が感じられます。
○オビ=ワン・ケノービ
●アナキン・スカイウォーカー
マグマの星ムスタファーでの決闘。アナキンを挑発し、逆上してジャンプしたアナキンの両足と左手を一撃で切断したオビ=ワンの勝利。この人強いのか弱いのかよく分かりません。

EP4 新たなる希望
○ダース・ベイダー
●オビ=ワン・ケノービ
ルークたちを逃がすため、オビ=ワンがあえてベイダーの剣を受けてフォースと一体化。オビ=ワンはフォースと一体化したので見方によってはオビ=ワンの勝ち。

EP5 帝国の逆襲
○ダース・ベイダー
●ルーク・スカイウォーカー
私がおまえの父親だ。

EP6 ジェダイの帰還
○ルーク・スカイウォーカー
●ダース・ベイダー
怒りに我を忘れてベイダーを打ちのめし、勝利。
○ルーク・スカイウォーカー
●パルパティーン
フォースの電撃を受ける方法を知らないルークは良いようにやられてましたが。ルークの求めに応じてライトサイドに戻ったアナキンがパルパティーンを投げ落としたので、決まり手は「助けて父さん」ということで。考えてみればこのシーンはEP3のメイスが突き落とされるシーンと対になっているのね。

EP3番外編
○オビ=ワン・ケノービ
●グリーバス将軍
グリーバス将軍はジェダイでもシスでもないですが、ライトセイバーを使っていたので入れてみました。アニメ・クローン大戦ではジェダイ数人掛りでも勝てなかったグリーバス将軍に、一対一で勝利したのだからオビ=ワンは流石です。でも決まり手はブラスター。勝った後で「こんな物を使うとは!」と吐き捨てるオビ=ワンにジェダイの誇りを感じます。

こうしてみると矢張り新3部作の方が、ジェダイが沢山登場する分ライトセイバー戦が多いですな。
関係ないけど随分久しぶりにtableタグを手打ちしたなぁ。


全文 22:16 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月19日

映像 姑穫鳥の夏・ツッコミ編

面白かったのだけど、色々説明不足だなぁと思うところがあったので、色々つっこんでみたいと思います。主に憑き物落としに関しての話になるので、オチを見たくない人は回避してください。
こうしてまとめてみると、この映画は原作を知っている人のための映画なんだな。

続きを読む "姑穫鳥の夏・ツッコミ編"
全文 23:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月17日

映像 姑穫鳥の夏

姑穫鳥の夏→飲み会。
最近焼酎が旨くてなぁ。今日はとうもろこし焼酎なるものを飲みました。

さて、姑穫鳥の夏ですが、いい作品になったと思います。堤真一の演技がアレなのを除いては。
他の俳優は雰囲気作りに成功しているのに、堤真一だけが時折セリフ棒読みになったりするのが気になりました。そういう意味では非常に惜しい。
で、魍魎の匣はまだですか?


全文 01:05 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月10日

映像 シスの復讐

戸田字幕観たくなかったので吹き替え版を見に行ったらお子様が多くて五月蝿かったですよ。
それはさて置き、冒頭の宇宙戦闘はシリーズ屈指の出来ではないでしょうか。

あと、帝国の逆襲をテレビ朝日でやってますね。今見てます。
・ワープ航法は無いだろ…ちゃんと用語を統一して欲しいなぁ。
・ランドの声が若本規夫だぁー。

ではネタバレ的ツッコミをば。

続きを読む "シスの復讐"
全文 23:11 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月08日

映像 クローン大戦

日テレの深夜でスターウォーズ・クローン大戦Vol1、Vol2をやってたのを観ました。
だけど録画に失敗してて、Vol2のシャアク・ティーがグリーバス将軍に倒されたところで終了。ぐわぁ。
DVD買うつもりだからいいけど…

タイトル通りクローントルーパーが大活躍していて、Vol1なんかはジェダイ達がまるで脇役です。クローントルーパーカッコいいなぁ。
これを見てたらウォーハンマー40Kが遊びたくなってきた。


全文 00:00 | コメント (8) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年07月05日

映像 眩暈

みじんこピンピンでぐぐると、先頭にこのサイトが出てくるのに気づいて軽く眩暈が。

さて、眩暈と言えば眩暈坂。眩暈坂と言えば、京極堂。
などと無理矢理話をつなげてみましたが、姑獲鳥の夏のCMが始まりましたね。映像が如何にもそれらしくて期待が高まります。公式サイトを見ても、永瀬正敏の関口は意外と嵌っていたので良さそうです(まぁ、他のキャストはちょっとどうなの? という感もありますが、原作物に過度の期待は禁物というお言葉もありますし、期待しすぎて裏切られるよりは良いのかも)。


全文 00:27 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年06月25日

映像 いざ出陣

友人の結婚式から戻り、返す刀で今度はスターウォーズの先々行ロードショーを見に行ってきます。
楽しみじゃー


全文 21:03 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年06月23日

映像 いよいよ明後日だ

スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐の先々行ロードショーが、です。
どうにかチケットが取れた(字幕版はすでに満席で、吹き替え版しかなかった)ので、見に行ってきます。
旧3部作の解説で、アナキンとオビ=ワンが火山の火口で決闘し、負けたアナキンがヴェイダーになる。というバックグラウンドストーリーがあるという話を聞いてから十数年(初めてこの話を知ったのがいつだったのかも忘れてしまったなぁ)。
二人の対決はどんな決闘になるのか、アナキンがどのようにしてあの黒いヘルメットとスーツを着るようになったのかが、ついに映像で明らかになるという所を始めとして、今までに張られてきた色々な伏線がどんな風に収束していくのかが楽しみです。

ところで、今日の毎日新聞の夕刊は広告がほとんどスターウォーズとその関連商品でした。SWGまであったのにはちょっと驚きましたが。
中央の見開きにはダース・ヴェイダーの顔がでかでかと載っていて、壮観でした。


全文 23:23 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年06月12日

映像 Ζガンダム

観てきました。巷の評判通り面白いです。
それはさて置き、スタッフロールで「アレキサンドリア・キャプテン」てどういうこと!? ガディ艦長は名無しキャラに降格ですか…
ティターンズで最もまともな人なのに。嗚呼。


全文 17:44 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年06月02日

映像 グリーバス将軍

解説しよう! 将軍様といえばシスの復讐で1、2を争う萌えキャラです。
将軍様はジェダイに憧れるあまり、自らライトセーバーを振り回すも、ジェダイではないので使いこなせず、四肢をライトセーバーで切断する事故を起こし、それでもまだライトセーバーを振るうことを諦められず、全身サイボーグになって蘇った不屈の人なのです。

嘘だけど。
全身サイボーグなのは嘘じゃないけど。

グリーバス将軍に負けじと、ベイダー卿も各地でがんばっておられるご様子。シスの復讐が超! たのしみです!!


全文 23:23 | コメント (4) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年05月24日

映像 シスの復讐観たいなぁ

スターウォーズEP3がアメリカで公開されたんだよなぁ。
あと1ヵ月半の我慢か。EP2の時みたいに先行オールナイトやるのかな。

ところでeiga.comでEP3がブッシュ政権批判だという言説が載っていますが、私に言わせれば、今のアメリカが帝国の黎明期に似てるからと言って、これを政権批判の比喩だと言うのは、皇帝陛下に失礼です。
アメリカこそ、偉大なる皇帝陛下がなされたことを猿真似するのではなく、自国の国政についてよく考えるべきなのです!

…あれ?


全文 22:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年05月13日

映像 地獄の番長

仕事忙しくて終わりの30分しか見られず。
でもすごい剛力っぷりを発揮しているノスの勇姿が見られて満足。
つうかこの人(人じゃねえ)口が変なんですが。造躯か? 造躯なのか?
いやあれはきっと隠惑に違いないと自分を無理に納得させたり。

あと女の人(人じゃねえってばよ)が日光を浴びて消滅するシーンで、一緒に日光を浴びてるブレイドは平気だったのが意味不明だった。ブレイドは普通のヴァンパイアじゃなかったんだっけ?
そういえばハーフヴァンパイアという話を聞いたような気もしないでも。だから戦ってるとき息が切れるんだな。なるほどー。


全文 18:45 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2005年04月05日

映像 チームアメリカ

チームアメリカがようやく日本で公開されるようです。以前ニュース番組でこの映画を紹介しているのを見てから、ずっと見たかったので喜ばしい限り。
ジョンイルらしき人物の、一人ミュージカルが楽しみです(誰も僕を理解してくれない。僕は孤独だ。とかなんとかミュージカルっぽく歌うのです)。


全文 23:23 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2004年11月08日

映像 SW-EP3予告編

SW-EP3の予告編が公開されました。最初の予告編ということで映像は短いですが盛り沢山の内容で期待が大いに膨らみます。

以下予告編に関するネタバレ

続きを読む "SW-EP3予告編"
全文 00:07 | コメント (0)
2004年08月27日

映像 ボウリング・フォー・コロンバイン

今度テレ東でやるみたいです。
華氏911よりこっちのほうが断然面白いという話ですし、当時色々と話題をさらった作品でもありますし、楽しみです。
でもマイケル・ムーアの声を当ててるのが山寺宏一ってどうなの…?


全文 23:43 | コメント (0)
2004年08月05日

映像 映画

昨日マッハ!とキングアーサー見てきました。
マッハ!は面白いね。ストーリーが簡単で何も考えずにアクションに集中できる。ただ気になったのが、膝蹴りが当たるときに目をつぶって首をすくめているのがあからさまに分かっちゃったところでしょうか。
当たると痛いのは分かるけど、喰らいポーズはもう少し研究して欲しかった。
面白かったからいいけど、あの格闘技の型ってムエタイでいいのか? 中国拳法(つうかジャッキー・チェン)入ってないか?

キングアーサーも面白いんだけど、なんか物足りないというか中途半端なような…。先にマッハ!を見ちゃったのはまずかったかな。
ローマ帝国とキリスト教を絡めた救出劇は必要だったのかなぁ。あれが無くてもアーサーの性格ならグウィネヴィアとは合流できただろうし、アレクトはアーサーたちを困らすためにあそこに住んでたとしか思えない。
アレクトの親父も何をしたかったのか分からんしなぁ。
ローマ軍から退役したいからこの命令を遂行しなきゃいけないという葛藤を表現したいつもりが表現し切れてない感じがする。尺が足りなかったんでしょうか。
ところでマーリンは闇の魔術師なのに全然魔法使ってないな…


全文 11:40 | コメント (0)
2004年07月10日

映像 キング・アーサー

という、アーサー王伝説モノ映画が公開されるようです。
アーサー王と円卓の騎士と言えば、馬がココナッツだと見破られたり、ツバメがココナッツを運ぶかどうかについて口論をしたり、黒の騎士の両手両足を切断したり、殺人ウサギを聖なる爆弾で倒したり、ランスロットにグェネヴィアを寝取られたりとさまざまな武勇伝には事欠かないのですが、キング・アーサーにおいて何処まで再現されているのか気になるところです。
いやホーリーグレイルのリメイクをされても困るが(それはそれで面白いかも知れんけど…)。

それより、キング・アーサーの公式サイトの絵はグェネヴィアが中央に来てるんですが、実は彼女が主人公だったりするのでしょうか。


全文 22:04 | コメント (0)
2004年05月23日

映像 モンティパイソン

モンティパイソンの人生狂騒曲を見た。
なんかモンティパイソンにしてはつまらなくてビックリ。どうも一つ一つのネタがイマイチ笑えなかった。
一番最初の、老人が海賊になって金融会社を襲う話はまあ面白かったんだけど、
その後はだんだんつまらなくなって行ってしまって期待はずれ。
ドナーカードを持ってる人のところに医者が来て、肝臓を寄越せと詰め寄って生きたまま肝臓を取り出すシーンがあるんだけど、グロ過ぎてギャグとしては笑えなかった。
カメラの前で、生きたまま腹を掻っ捌いてやたらリアルで毒々しい肝臓を取り出されてもキモいだけだっつーの。
まあこの辺はギャグとして受け付けられるかどうか好みの問題かも知れんけども。

あとは、人生をテーマにした内容だからか何かと説教臭くて、ちょっとらしくないなぁと感じた。ホーリーグレイルみたいなオチも期待したんだけどなかったし。


全文 23:40 | コメント (0)

カテゴリ

その他(172) チャリ(10) 美術(6) 自分語り(40) 読書(35) GAME(56) Google来訪者(8) MRQ(59) RO(19) RQ(69) SWG(45) TRPG(30) VTES(78) 映像(43)

アーカイブ


シンジケート

Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2