ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« グローランサオフ | メイン

2010年09月13日

TRPG iPadのアプリはiAnnotate PDFだけあればペーパーレス環境でTRPGができる

先日のセッション(といってもMRQ2の模擬戦ですが)で、iPadを使って
ペーパーレスでのセッションが可能かを実験してみました。

使用したブツは以下の通り
・iPad
iAnnotate PDF
・MRQ2コアルール(pdf版)
・NPC管理シート(pdf)
・サマリー(pdf)

iAnnotate PDFは、iPadのpdfリーダの中ではかなりハイスペックで、
pdf表示が高速、タブによる複数pdfの同時オープン、注釈による
pdfへのコメント書込みやブックマーク設定が可能です。
その代わり\1200とアプリの中では高額ですが。
無料版のiRead PDFと言うのもあるので、そちらで試用してみても
良いんじゃないでしょうか。


ルールの閲覧

iAnnotate PDFの注釈機能でブックマークを付けて閲覧性を高めます。
実に便利。

IMG_0001.PNG


NPCデータの管理

今回やりたかった事がこれ。
NPC管理シートをpdfで作ってiPadに入れておいて、戦闘中の数値変化を
反映していくのがどの位使いやすい/使いにくいかを調べたかった。

IMG_0002.PNG
-30%はコンバットマニューバで槍の貫通をくらって行動に受けたペナルティだったかな。

結果として、ルールとNPC管理シートを行ったり来たりしながらデータを
書き込んでいくという作業はそれほど大変なことではありませんでした。

ただ、NPC管理シートの文字が小さくて、データが書きづらくてずれたり
はみ出たりといった汚さはありました。
画面を拡大すれば良いんですが、それだと一手間かかるのでちょっと
不便かなと。


課題

iPadの画面で、管理しやすい情報量を一画面中に表示できて、且つ手書き
での注釈が書きやすい(注釈を書き入れる時に画面拡大したりズレを気に
しないで済む)NPC管理シートの作成が今後の課題。


総括

重たいルールブックを何冊も持ち歩かずに、iPadに全てのルールとデータを
入れて、セッションに望めるというのは荷物が軽く済んで実によろしい。

それに、複数のルールブックを跨いで検索する時にも、iAnnotateならいっぺんに
開いてタブで切替ながら見ていくだけなので、あっちの本を開いて、次に
こっちの本を見て…といった手間が掛からなくて便利です。

TRPGのためだけに自炊環境も含めてこれらの環境を用意するのはちょっと
コストが高いとは思いますが、iPadは色々な可能性を秘めたガジェットだと
思うので、この先他にも使い方が見つけられそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/1208

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?