ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« グローランサを遊ぶのに適したシステムとは 3 | メイン | 神知者と弟子(ドラゴニュートのルーン) »

2009年09月06日

RQ 神知者と弟子(アーカットについて)

弟子「先生。アーカットの復活で疑問があるのですが」
神知者「何かね」
弟子「アーカットがカートリン峠で戦死したとき、彼はフマクト信者でしたよね」
神知者「そう言われておるな」
弟子「その後ハルマストがアーカットを復活させるために『光持ち帰りし者たちの探索行』を行って復活させたわけですが、これはフマクトの教義に反しませんか?」
神知者「フマクトの『死から復活してはならない。もし復活したなら復活せしめた者を殺して自殺すべし』のことだね」
弟子「そうです。蘇生によるフマクト信者の復活をフマクトは否定していますが、『光持ち帰りし者たちの探索行』は何故問題ないのでしょう」
神知者「く、なかなか鋭い質問であるな」
弟子「回答に啓発を入れないで答えてください」
神知者「ぐぬぬ」神知者は慌てて書物をあさり始める。
弟子「(勝ち誇ったように)蘇生呪文は、チャラーナ・アローイが『光持ち帰りし者たちの探索行』を行ったことに准えて作られた呪文だそうですが、これは要するに同じことでは…」
神知者「おっ、見たまえ。最近記されたこの資料によるとアーカットがラリオスで殺されたのが418年、オーランシーに転向したのが426年とある。つまり『光持ち帰りし者たちの探索行』によって復活した時彼はまだフマクティでは無かったのだな」
弟子「このネタもグレッギングしてたのかよ…」

『光持ち帰りし者たちの探索行』で復活したアーカットってちょっとフマクト的におかしいんじゃ? と思って調べてみたらカートリン峠で死んだのは無かったことになっていました。どころか当時フマクティですらなかった。という事実にショックを受けて書きました(ああでも昔から死んだ時点でフマクティじゃなかったかも。そうだとするとこの話は無意味だなー)。
アーカットを殺したファランギオって誰だろう

参考
グバージ戦争の年表 illuminate33の日記

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/1196

なゆたさんのコメント

なんか村雨さんが毎日更新されている。
とても素晴らしい感じです!


Posted by: なゆた : 2009年09月07日 19:28

村雨さんのコメント

どもども。
オフ会以来モチベーションが高まってきております。


Posted by: 村雨 : 2009年09月07日 22:25

まりおんさんのコメント

ファランギオは“鉄のヴォルク”とも呼ばれる人で、イェルマリオンだったとか(記憶違いかも)。詳しくは zeb さんに聞いてください(笑)


Posted by: まりおん : 2009年09月08日 04:40

村雨さんのコメント

イェルマリオのヒーローでしたか。


Posted by: 村雨 : 2009年09月09日 20:36

zebさんのコメント

ちょっとお邪魔させていただきます。

ヴロクVrokというのは鷹のことです。ファランギオ将軍は巨大な鷲に乗ってたみたいです。「鉄のヴロク」はあだ名です。

古い年表(History of Heortling Peoples p.97-98)だと、
アーカットは423年に殺されて、
427年に冥界から戻ってきて、
431年に「オーランスのカルト」に入っています。


Posted by: zeb : 2009年10月04日 23:37

村雨さんのコメント

ご教示ありがとうございます。
巨大な鷲に乗っていたと聞くと、バラザールを連想しますね。
イェルマリオのヒーローは鷹とか鷲に乗った人けっこういるのかな。


Posted by: 村雨 : 2009年10月11日 00:12

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?