ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« 原因は電源でした | メイン | BLOOD OF ORLANTH »

2008年01月30日

読書 読了

年末から読んでたハイペリオンとハイペリオンの没落を読み終わりました。

ハイペリオンで壮大なハンドアウトを提示し、ハイペリオンの没落で伏線が収束していくというストーリーにすっかり引き込まれました。

例によってネタバレ警告バリアをはっておきます。

ハイペリオンで6人の登場人物が惑星ハイペリオンへ巡礼に訪れる経緯を説明するのですが、これがそれぞれ全く異なった理由で、この話はちゃんとまとまるのか? と読んでて不安になるほどの多様性を持っていたにも関わらず、それがハイペリオンの没落で勃発する壮大な宇宙戦争で更なる混乱を起こしながら、やがて物語が収束する様は、思わず「こう来たか!」と構成力に畏敬の念を感じえません。

早速続編のエンディミオンを買ってきました。
明日から読みます。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/1078

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?