ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« アシモとドリフ | メイン | エッシャー »

2006年12月20日

RQ セイフェルスター編6話

前回(記録残ってませんが…)捕らえたボリスト派の魔道士が牢獄から脱走したとの報を受け、城砦地下の監獄から地下水道へと追跡する。という話。

途中、何故か地下水道に住み着いているマギサウルスと遭遇したりしつつ、魔道士が逃げ込んだボリスト派の礼拝所を襲撃するも、魔道士にはまた逃げられてしまうのだった。

今回、形成(石)で壁抜けをして魔道士がPCから逃亡するということをしてたが、MPの計算を勘違いしていて実は壁抜けするには結構な量のMPが必要だと分かってしまった。いかんいかん。今度から壁抜けは濫用できないな。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/959

JMさんのコメント

囚人となっても気づかれない場所に気の精霊を呪縛しているとか色々手はあります。というか魔道士はなんでもありなので強化すると手がつけられませんね。
追記:でも余分なMP源なら《魔法眼》ですぐ見つかるか……。


Posted by: JM : 2006年12月21日 01:57

村雨さんのコメント

マスターサイドからしてみれば、幾らでもMP供給(に、限らないけど)の手段は考えようがあるのですが、それをやってしまうときりが無いので、限度は設けないといかんと思うわけです。

それに万能なNPCとか出されても白けますし。


Posted by: 村雨 : 2006年12月23日 20:03

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?