ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« ネルガルあげ | メイン | ネルガルでの諸々 »

2005年12月19日

VTES Return of Nergal

ネルガルinさいたま。まずは参加された皆さんおつかれさまでした。
今回は反トレアドールで出席。
結果として、ネルガルを袋にするその他大勢に混ざれたので良しとす。正直ここまで戦えると思ってなかったし、こんなにいい勝負ができるとは思わなかったので、得るものは大いにあった戦いでした。

以下ダイジェストで
1戦目
真ブルハー→ヴェントルー→反トレアドール→ヴェントルー→反マルカヴィアン
前門のヴェントルー、後門のヴェントルーという諺がありまして(ねーよ)、マイデッキの真価を発揮する前にあっという間に殺される。
やっぱりトーナメントの壁は厚いなーと実感。

2戦目
反トレアドール→ノスフェラトゥ→ヴェントルー→マルカヴィアン
見たような面子。つーか、cartさん、いせくさん、JMさんといつも内輪で遊んでる面子なのでお互い大体手の内が分かってしまっているので失礼ながらトーナメントらしくないなと思ってしまった。
結果として1人倒して生存して、ポイントをもぎ取る。

3戦目
セト→ヴェントルー→ギャンレル→反トレアドール(順番うろ覚え)
セトがヴェントルー、ギャンレルと飛ばし1対1の戦いに、こっちは[Palla Grande]によるブリード、セトは[Corruption]、[Temptation]での誘惑ブリードでお互い一歩も譲らず、最終的に俺がセトを1プール残して殺しきれなかったものの、次のセトの猛反撃を残り1プールで何とか生き延び、セトを使っていたNickさんの投了宣言で勝利。お互いの戦いをNickさんと称えあって熱い握手を交わす。
ファイナル進出へ。

ファイナル
イシュタリ→ヴェントルー→ツィミーシィ→反トレアドール→ネルガル
開始前の談合で、みんなでネルガルを殺しましょうという話で意思統一。
序盤はネルガルが出すカードにいちいちツッコミを入れつつ、予想通りネルガルを倒す方向で動く面々。俺もその流れに乗るものの、正直ネルガルの能力をもっと味わいたいという要らんマゾ的意識が働き、ネルガルとイシュタリを責めるという行動に出て、イシュタリの鮎方さんに物凄い眼光で睨まれること数回。
ネルガルのMinさんと鮎方さんの誘惑と恫喝というアメムチ攻撃に晒され、正直頭おかしくなりそうになりながら、本当に迷ったら[Art Scam]とか装備を買ったりして日和見をし(まぁこういうはっきりしない行動でさらに両者の弁舌はエスカレートして行きましたが)、時間を稼ぐうちに疲弊したネルガルが「ネルガルのちょー凄い[Minion Tap]」を出すも、[Sudden Reversal]で回復を阻止、その後の選挙によってネルガルは沈んでいきました。
その後は、イシュタリを責めつづけるも、肝心の[Palla Grande]が出ず、決定力に欠けたまま時間切れを迎え、一位のネルガルが死んだことで繰り上げで二位のイシュタリが勝利するという結末で終了したのでした。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/839

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?