ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« Return of Nergal | メイン | 忘年会 »

2005年12月21日

VTES ネルガルでの諸々

当日、試合のほかに思った感想とか。

・rize公子の正統ブルハーが楽しそうだった。bloodlines系デッキは他人のを見ていると楽しそうなんだけど、実際自分で作るのは辛いなぁ(所持カード量の不足とか)。
・今更ながらInnerCircleは誰であれむかつくということが身にしみた([Arika]、[Leandro])。まぁ、純粋に強いですね。
・Hectorさん、Nickさんはやり慣れているなと思った。自分が使う氏族の特性をよく研究している模様。
・まだまだデッキを調整する余地がある。瞬発力が足りないので、[Enchant Kindred]は何枚か[Legal Manipulations]にした方がいいと思う。あと、[Aire of Elation]を入れるかも検討した方が良さそうだなぁ。でも、代わりに何をデッキから抜くかが問題だ。
・初めてタイトルをコンテステッドした。しかも2回。2回ともシカゴのPrinceとArchbishopだった。シカゴ争奪戦熱いです。選挙デッキじゃなかったので気にしてなかったけど、コンテステッドのコストを忘れがちなのを何とかしよう(カウンターを置くとか)。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/840

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?