ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« 耳がおかしい | メイン | みみみみみみみ »

2005年08月10日

美術 刀剣博物館

初台にある刀剣博物館に行ってみました。
村正、正宗、備前長船を始め、様々な年代の刀が展示されてて、それぞれ来歴や製法などの解説がついてました。解説は専門用語が多くて半分も理解できませんでしたが、刀身が太いもの、細身のもの、切っ先が長いものなどなど、形状を見比べるだけで楽しめました。

村正は刃の刃文が意外におとなしめで、伝説やらゲームで受ける印象と比べると質素というか地味な印象でした。
正宗は刀身の溝が二本あって特徴的だったのが印象に残っています。
義助という銘の短刀は、倶利伽羅竜が刀身に透かし彫り(と言っていいのかよくわからんけど)で掘り込まれていて印象強かったです。倶利伽羅というとメガテンの倶利伽羅の小太刀を思い出しますが、この義助はそのモデルになったのかなぁと考えずにはいられません。

刀剣博物館とメガテンといえば、最初のメガテンTRPG(鈴木大司教が作った奴ね)をやったとき、戒厳令下に置かれた東京で武装を調達しようって話になって、刀剣博物館で日本刀を仕入れようとしたけど、当然のように自衛隊に制圧されてて武器調達作戦が失敗に終わったのを思い出すなぁ。懐かしい。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/773

あおれんじゃーさんのコメント

こんにちは。
先日のVtESトーナメントではお世話になりました。
刀剣博物館うらやましいです。正宗は質実剛健とういう言葉がぴったりの刀ばかりで好きです。
次こそは絶対開館時間内に見に行くぞー。


Posted by: あおれんじゃー : 2005年08月11日 20:07

村雨さんのコメント

その節はどうもです。こちらこそ大したお構いもしませんで失礼しました。また機会がありましたら戦いたいですね。
刀剣博物館良かったですよー。抜き身の刀身がズラリと並んだ光景は壮観でした。
日本刀好きなら見に行って損は無いですよ。是非今度は時間を取って見に行ってみてください。


Posted by: 村雨 : 2005年08月11日 22:23

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?