ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« チャリ | メイン | 耳がおかしい »

2005年08月09日

映像 チームアメリカ

見てきました。アメリカの馬鹿っぷりをうまく皮肉ってて面白かったです。オープニングでパリに現れたイ○○ム過激派のテロに対してミサイルで応戦し、エッフェル塔と凱旋門をぶち壊したりとか、カイロでテロリストを追跡中にやっぱりミサイルをぶっ放してピラミッドを壊したり、とにかく脳たりんな国際警察で笑わせてくれました。
各所に散りばめられた映画のパロディと、北の将軍様と手を組んだハリウッドの俳優達(彼らはF.A.Gという集団に属してて、チームアメリカの活動に批判的。何故か字幕のルビにカマ野郎とあった)と戦うという設定が、アメリカだけじゃなくてハリウッド映画も虚仮にしてて笑った。中でも、マット・デイモンのセリフが馬鹿っぽい発音で「まっと・でいもーん」て言うだけなのが下らなすぎて本当に笑った。
他にも俺が気づいてないネタが沢山ありそうなので、ハリウッド映画のメジャー所を一通り抑えてる人は見てみると良いのではないでしょうか。

最後に、北の将軍様が黒豹を飼っててチームアメリカを襲うシーンがあるんだけど、出てきたのが只の黒い猫で、猫に豹の吼え声を被せてるだけってのも面白かった。確かに、人形のスケールから考えると猫くらいの大きさで黒豹を再現できるのは分かるんだけど、見た目猫だし、普通に「にゃー」と鳴いてる顔に吼え声を被せても画面からちっとも緊迫感が伝わってこなくて腰砕け感がたまりません。

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーのトラックバックURL
http://oto.natsu.gs/mt/mt-tb.cgi/771

コメントする










名前、アドレスを登録しますか?