ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« ラソンブラデッキについての反省 | メイン | vtes »

2004年10月13日

VTES トーナメントを振り返る

1戦目 BM氏(マルカヴ)→Cart氏(ノス)→参議殿(ジョ)→俺(ラソ)→公子陛下(プリンス)。
1時間で飛ばされる。参議殿と公子陛下というド迫力コンビに囲まれながらも健闘したつもりだけど力及ばず。「僕はあの人に勝ちたい…!」とかガノタっぽいことを思う。

2戦目 俺(ラソ)→BF氏(セト)→Cart氏(ノス)→BM氏(マルカヴ)。
なかなかパワーバランスが崩れず長期戦に。
選挙カードやブリードカードの出が今ひとつで決定打に欠けるが、粘った末に引いた[Kine Rsource Contested]とブリードでBF氏、Cart氏を続けて飛ばして終了。インターセプトと選挙の不足を感じる。

3戦目 Min氏(ツィミ)→Cart氏(ノス)→Haraguchi氏(薄血)→BF氏(セト)→俺(ラソ)。
Cart氏の[Antediluvian Awakening]と[Anarch Revolt]が吹き荒れる中、しばらくMoncada一人で戦うという絶望的状況に。ブロックできない上に[Deflection]も出ず([Deflection]入れてるからブロックできなくても問題ないと思ったのが甘かった)、poolをごりごり削られてあっという間に飛ばされるかと思ったが、Min氏とHaraguchi氏の談合に乗っかる形でしぶとく生存。
その後体制が整ったところで疲弊したMin氏を飛ばすも、時間切れ。

決勝 Min氏(ツィミ)→参議殿(ジョ)→笠幻氏(プリンス)→俺(ラソ)→公子陛下(ギャン)。
なんか俺浮いてる! などと思いつつ決勝進出。
笠幻氏の選挙デッキの猛攻の前にあっという間に飛ぶ。やはりインターセプト分の不足を感じる。
疲れてしまったので、脱落後すぐに抜けて雑談に加わってしまったのだけど、他の人がどういう戦い方をするのか見ておけばよかったかな。
ということで結果は5位。

帰りに内陣の方々と飲み。
セッションに誘っていただいたり、WoDで萌えキャラを運用する方法論を聞かせてもらったり、反ヴェントルー11歳(こう書くとVNIみたいだ)の逸話を聞かせてもらったり。なんか聞き役にまわってばかりですが、自分の浅瀬知識ではディープな話題についていくので精一杯でありました。


このエントリーのトラックバックURL


コメントする










名前、アドレスを登録しますか?