ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

« むおおー | メイン | 砂上の楼閣(ちょっと意味違う) »

2004年09月09日

読書 藤崎竜封神演技

例によってカイロプラクティックで読了。全23巻。
ジャンプ系バトルマンガにしては珍しく、中だるみとかがなく面白い良い作品です。エンディングもグダグダになったり引き伸ばししたりせず、綺麗に決着つけているところに好感が持てます。
当然ながら原作物ですが、かなりジャンプ的アレンジが入っておりまして封神演技を読んだ人でも十分楽しめると思います(というか俺は原作読んだけど忘れましたが)。

で、またしてもメイジに当てはめてこの作品を考えてみると…

封神計画とはガントレットを強化して強力なメイジを地球から遠ざける計画だったんだよ!(AA略)
Ω ΩΩ<な、なんだってー!! それは本当か! キバヤシ!!

そんな妄想が浮かんできたり。
他にも宝貝を使いすぎるとエネルギーを消耗して疲れてしまうあたり、矛盾の蓄積でダメージを受けた状態に良く似ているので、魔法具を扱う参考になりそうですし。


このエントリーのトラックバックURL


コメントする










名前、アドレスを登録しますか?