ツバメはココナッツを運ぶ
管理人:村雨
メール:webmaster@oto.natsu.gs

2010年09月13日

TRPG iPadのアプリはiAnnotate PDFだけあればペーパーレス環境でTRPGができる

先日のセッション(といってもMRQ2の模擬戦ですが)で、iPadを使って
ペーパーレスでのセッションが可能かを実験してみました。

使用したブツは以下の通り
・iPad
iAnnotate PDF
・MRQ2コアルール(pdf版)
・NPC管理シート(pdf)
・サマリー(pdf)

iAnnotate PDFは、iPadのpdfリーダの中ではかなりハイスペックで、
pdf表示が高速、タブによる複数pdfの同時オープン、注釈による
pdfへのコメント書込みやブックマーク設定が可能です。
その代わり\1200とアプリの中では高額ですが。
無料版のiRead PDFと言うのもあるので、そちらで試用してみても
良いんじゃないでしょうか。


ルールの閲覧

iAnnotate PDFの注釈機能でブックマークを付けて閲覧性を高めます。
実に便利。

IMG_0001.PNG


NPCデータの管理

今回やりたかった事がこれ。
NPC管理シートをpdfで作ってiPadに入れておいて、戦闘中の数値変化を
反映していくのがどの位使いやすい/使いにくいかを調べたかった。

IMG_0002.PNG
-30%はコンバットマニューバで槍の貫通をくらって行動に受けたペナルティだったかな。

結果として、ルールとNPC管理シートを行ったり来たりしながらデータを
書き込んでいくという作業はそれほど大変なことではありませんでした。

ただ、NPC管理シートの文字が小さくて、データが書きづらくてずれたり
はみ出たりといった汚さはありました。
画面を拡大すれば良いんですが、それだと一手間かかるのでちょっと
不便かなと。


課題

iPadの画面で、管理しやすい情報量を一画面中に表示できて、且つ手書き
での注釈が書きやすい(注釈を書き入れる時に画面拡大したりズレを気に
しないで済む)NPC管理シートの作成が今後の課題。


総括

重たいルールブックを何冊も持ち歩かずに、iPadに全てのルールとデータを
入れて、セッションに望めるというのは荷物が軽く済んで実によろしい。

それに、複数のルールブックを跨いで検索する時にも、iAnnotateならいっぺんに
開いてタブで切替ながら見ていくだけなので、あっちの本を開いて、次に
こっちの本を見て…といった手間が掛からなくて便利です。

TRPGのためだけに自炊環境も含めてこれらの環境を用意するのはちょっと
コストが高いとは思いますが、iPadは色々な可能性を秘めたガジェットだと
思うので、この先他にも使い方が見つけられそうです。


全文 20:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2010年08月22日

MRQ グローランサオフ

MRQ2のマスターをやりました。
旧MRQは何度もマスターをやっていたとは言え、MRQ2で初めてのマスターで
色々不手際やルールの誤解などあって迷惑をかけましたが、なんとか
終わらせられてほっとしています。
プレイヤーで参加くださった皆さんに感謝。

システムは旧MRQよりも洗練されましたが、まだまだイマイチな部分も
残っているという感じ。セッション中にも出た意見ですが、これ以上は
ハウスルールで自分好みに洗練するしかないかと…

シナリオの内容は、旧MRQのキャンペーンシナリオ、Blood of Orlanthの
後日談という事で、神知者がEWFとオーランス人に勝利し、ケタエラの
ヘンドレイキランドでヒーロークエストを濫用し、オーランスの英雄界を
荒らし始めた頃から始まる。

ヘンドレイキランドのソルシ上流に、Howling Wolf Clanというオーランスの
氏族があり、そのステッドのひとつ、スカイエンドステッドに神知者の空飛ぶ船
が現れ、電撃で威嚇しながらステッドに降り立ち、神知者の戦士がステッドを
接収すると宣言した。

ステッドのオーランス人たちは果敢にも反抗するが、神知者たちの攻撃に押され、
ステッドの戦士たちは武装解除されてしまう。
そしてステッドを占領した神知者のリーダー達は、殉教者オーランスのヒーロー
クエストを執り行い、英雄界へ略奪の旅に出る。

ヒーロークエストに出た神知者を追跡するため、PC達も神知者の歩哨を
かいくぐり、オーランス神殿からヒーロークエストへ旅立ち、神知者を追跡する。

ヒーロークエストを先回りしたPC達は、オーランスが落とした死の剣で
神知者を迎え撃ち、神知者の戦士、魔道師、ジストルウォルの機械人間を
倒してオーランスのヒーロークエストを守り、殉教者オーランスの神話を
改変から守る事に成功した。

MRQ2について。

コンバットアクションが単純化され、機会攻撃がなくなったこと、そして
コンバットマニューバが採用され、攻撃と防御の結果処理にアクセントが
付いたのがMRQ2での最大の変更点と言えます。

機会攻撃がなくなったことと、CAが統合されたことで、1ラウンドの行動回数が
半減しましたが、その分単純化されました。
まあ旧版に慣れた身としては、別の意味で混乱する事もありましたが…

コンバットマニューバについては、攻撃/防御時に相手より高いレベルでの
成功を収めると最大ダメージや装甲無視、命中部位の指定などの効果が得られます。
これにより相手へのダメージをより効果的なものにしたり、以降の戦闘が有利に
進められたりします。

実際動かしてみるとコンバットマニューバは慣れるまで少し重たいルール
なのですが、戦闘がスピーディー且つドラマチックなものとなるように
作られていて、単調さを感じさせないいいルールだと思います。

他にも色々と前作での不備が修正されているので、MRQ2は大いに遊ぶ価値のある
ルールに仕上がっていると感じました。


全文 23:51 | コメント (3) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2010年06月26日

MRQ BoOちょっといい話

本当はBlood of Orlanthのプレイレポを書こうと思いましたが、キャンペーンが終わってだいぶ経過し、色々忘れているので小ネタにして垂れ流しすることにします。
過分にネタバレですが、多分国内で遊んでる奴は居ないと思うし、8月のオフ会でネタにしようと思っているので予習ということで。

◆神知者の船「歓喜の鷹イブンリス号」は空を飛べる。しかもライトニングキャノン(4D6ダメージ)でワイヴァーンと空中戦ができる。
◆サンダーブリッジの崖にある50メートルのフマクトとイサリーズ像は、儀式によって死のルーンと交易のルーンの効果を周辺のオーランシーに与える。
◆神知者のリーダー、リサディの師匠はディレクティ。
◆ディレクティはこの頃からアンデッドを使役している。
◆ちなみにディレクティの能力値は明記されていない。
◆でもチャラーナ・アロイ、エルマル、インキンの能力値は書いてある。
◆神知者の裏切り者ジェザットは、直接攻撃魔法とワイター無効化の呪文を持っている。
◆ビルフック兄弟団リーダーのズレックは、部下のダックには武器にビルを使わせているが、自分はグレートソードを使う。ビルを使えよ!
◆バランスのルーンという謎のルーンが登場するシーンがある。
◆オーランシーを抱き込むため、ジストルウォルのサイバーパーツを提供するエピソードがある。
◆PC向けにも、サイバーパーツを提供してくれる。
◆オーランシーのリーダーの一人、マラリスはアラコリングの母親であるという筆が滑ったとしか思えない記述がある(どこかで突っ込まれてましたが、アラコリングはちょっと年代が外れているとか)。
◆最強はラスボスではなく、途中で出てくるティラノサウルス。
◆殉教者オーランスのカルトは、神性呪文に神剣、蘇生、肉体の治癒を持ち、入信者以上は社で祈りを捧げるだけでヒーローポイントをゲットできる(ただし、ダメージの軽減にしか使えないっぽいですが)というトンデモカルト。
◆テレクティオスはドラゴニュートと仲が悪いらしい。


※殉教者オーランスのカルトは、BoOラストのヒーロークエストを見れば、一応神剣、蘇生、肉体の治癒を持つ根拠が分かります。


全文 11:51 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2010年04月16日

その他 つづきはtwitterで

全然更新してなくてすみません。
連休の頃まで更新しない気がするので、twitterのアカウントへリダイレクトすることでお茶を濁す事にします。

http://twitter.com/maxi_n


全文 00:50 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2010年01月11日

MRQ MRQ2が出たようです

実に今更ですが、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
放置気味で申し訳ない次第。

MRQ2がマングースのサイトで発売になったようです。
ルーンマジックがコモンマジックに変わっているなど、結構手が入っている様子。
でもコンバットアクションは残っているし、ブルーのヘッドバットは追加攻撃扱いにならないから、戦闘バランスはそんなに変わっていない可能性も…
ちなみにブルーと接触すると病気に感染する可能性があるとの記述が復活してました。やはりそこは突っ込まれたのでしょう。

本文のページデザインもあっさり目になっていて、旧版の魔道書っぽさがなくなっているのもちょっと残念なところです。結構気に入っていたのになぁ。


全文 09:22 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年12月01日

MRQ Blood of Orlanthの用語

来年にはMRQ2が出る事ですし、そろそろBlood of Orlanthのレポートを書こうと思いましたが最初のころのセッションのことを結構忘れていることに気づきました。
やはりセッションレポートはセッションの直後でないと書きにくいですね。
この辺は別途思い出しながら書いていきたいと思います。

なので、今回は思い出しがてらBlood of Orlanthに登場する固有名詞について書きます。
Blood of Orlanthでは、ちょっと独特なグローランサの固有名詞を踏襲していて、日本語的にどう読んでいいのか迷うものがあります。
そんな固有名詞と、当方の適当訳をご紹介。

◆神知者サイド

Rsadi Wondrous
 人物:素晴らしきリサディ

神知者サイドの女魔道師。rsで始まるため、どう読んでいいのかちょっと悩みましたがリサディに。
ジルステラもJをジと読むしそういう事で良いんだと自分を納得させます。
どうでもいいですが、「素晴らしき」とかつくとヒィッツカラルドを思い出しますね。

The Ebenriss Hawk-Exultant
 乗り物:歓喜の鷹イブンリス号

神知者が持つ船。どんな船かは敢えて書きませんが、神知者の技術の粋を結集したすごい船。Ebenrissをイブンリスと読むのか若干自信なさ気。

The Eyrie
 地名:アイリー
氷と炎の歌を読んでなかったらきっと理解できなかったかも知れない。嵐の山脈にある神知者の拠点です。

◆オーランス人サイド

Vinya
 人物:ヴィンヤ

言いにくい。言うまでもなくヴィンガにちなんだ名前と思われます。

Noryar
 地名:ノーリャー

ノーリャーと呼んでいたが、グローランサ的にはノーリアールと読むのが合ってるのではないかと言われた。多分cart君だと思う。
つう事は、ナイサロール的な読み方を適用するとノーライアールかもしれない。
結局ノーリャーで通してます。

Faeltris the Healer
 人物:治療師フェルトリス

Faeをフェと読むのに抵抗を感じたので。でも他にしっくりくる読み方が思いつかない。

Dhrek Billhook
 人物:ビルフックのズレック

ダック。Dhはズで良いんですよね? ビルフック団という傭兵団を従えているが、自分はグレートソードを使う。

◆ワームの友邦帝国サイド

Vastyr Blightshadow
 人物:輝く影ヴァスティール
Yalish of the Dawn
 人物:暁のヤーリッシュ
Ferule the Stone-Breaker
 人物:石砕きフェルール
Telektios Ashbringer
 人物:灰をもたらす者テレクティオス

EWFの皆さん方は厨二な…いやいや、かっこいいお名前をお持ちの方が多いですなぁ。
輝く影ヴァスティールとかシナリオでは大したことしないくせに無闇にかっこいいです。

Fifth Claw Holds The Untrammelled Wilds Camp
 地名:自由なる原野を掴む爪の第五キャンプ

Blood of Orlanthで最も困った固有名詞がこちら。無闇に長いしどう訳していいかも分からず、とりあえず辞書で調べた単語をそれっぽく並べました。
長くて誰も覚えられないので、セッション中は第五キャンプで通しています。シナリオ本文も同じです。


全文 21:00 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年11月09日

RQ チェインメイルの現実

youtubeにチェインメイルがどの程度敵の攻撃を防げるか検証している動画がありました。
これ見ると、絶対にAP7(RQ3rd基準)は嘘だと思います。


全文 00:01 | コメント (2) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年10月11日

MRQ Dara Happa Stirs

Blood of Orlanthの後にやる可能性が出てきたので、翻訳作業開始。


全文 01:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年10月11日

GAME 真・女神転生ストレンジジャーニー

プレイ開始。
低レベルの悪魔が異様に充実してます。高レベルも充実してるといいなぁ。


全文 01:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年09月29日

RQ ヒーローウォーズ

超今更ながらヒーローウォーズを買いました。
ヒーロークエストや英雄界のルールを読んでGlorantha THE SECOND AGEやJrustelaの記述について今更ながらに得心してみたり。

ざっくりルールを読んだ感触では、これはこれで良いルールなのかもしれないなぁと思い。今まで食わず嫌いしていた自分をちょっと反省。


全文 23:25 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年09月16日

MRQ Blood of Orlanthの後

Blood of Orlanthがあと4~5回くらいで終わりそうなので、次はFronela付属のシナリオをやるか、Signs & Potentsに載ってたフレラー・アマーリのシナリオをやろうか考え中。

あと第2期のパヴィスも面白いかもしれない。


全文 23:15 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
2009年09月07日

MRQ 神知者と弟子(ドラゴニュートのルーン)

弟子「先生。ドラゴニュートのルーンを拾ったんですが」
神知者「ほほう。数あるルーンの中でもハズレルーンとして名高いあのドラゴニュートのルーンか」
弟子「先生。悪意がむき出しです」
神知者「結合しても使える呪文は無いし、わざわざ地べたから拾うこと自体無駄なのでやめたまえよ」
弟子「…」
神知者「そもそも結合したらドラゴニュートに転生するってどういうことだ? 誰か確認したのか? ルーンと結合した後で転生した奴が、ドラゴニュートのルーンと結合したらドラゴニュートになっちゃったーとか誰かに報告したのか?」
弟子「先生何か嫌なことでもあったんですか?」
神知者「このルーンの効果ほど胡散臭いものはないな。結合しても死んでみなきゃ効果を確かめようがない。多分どこかのペテン師が、EWFの情弱どもに『このルーンと結合すると死後ドラゴンへの道が開けますよー』とか言って売り捌くために作ったんだろうな。うむ。それ位しかこのルーンを処分する方法は思いつかんな。売ってきたまえ!」
弟子「はあ」

※MRQの基本ルールで紹介されている呪文はドラゴニュートのルーンで使える呪文は無かったのですが、MRQ SpellBookでは使える呪文がいくつか増えています。


全文 22:45 | コメント (0) | トラックバック (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

アンテナ


カテゴリ

その他 その他(172) チャリ チャリ(10) 美術 美術(6) 自分語り 自分語り(40) 読書 読書(35) GAME GAME(56) Google来訪者 Google来訪者(8) MRQ MRQ(59) RO RO(19) RQ RQ(69) SWG SWG(45) TRPG TRPG(30) VTES VTES(78) 映像 映像(43)

アーカイブ


ROとか昔のもの
RSS (XML)
Powered by
Movable Type 3.2-ja-2