>2004/05/16
weblog入れようと思ってblosxomを色々いじってるんですが。
一言で申しまして、設置めんどくせぇ
つうか作業してうちにこのサイトをブログに対応する
意味があるのかとか自問し始める始末。
まあブラウザベースで更新できるのは
強みであるやも知れませぬ。会社からでも更新できるし。
ところでブログという呼び方に酷く疑問を感じる昨今。
weblogの下四文字でblogですか。
まあwelogとか言われてもヤッパリカッコ悪いので
それは仕方ないことかもしれません。

導入したら更新頻度上げられるかなぁ

>2004/05/13
winnyはやってないんですけども、と前置きした上で
47氏逮捕で思ったことを垂れ流してみます。

winny開発者の47氏逮捕で、一番困っているのは
winnyでファイルの公開者を特定するソフトを開発したという
ネットエージェント社なのではないかと思ったり。
京都府警の恐怖政治でwinnyネットワークは壊滅的だしなぁ。

冗談はさておき。
今回の事件で許せんのがマスコミの対応。
winny解説サイトが家宅捜索受けてるのに、問題提起してる
ところ見たことが無い。週刊文春の発売停止処分のときは
あれだけ騒いだのに、webサイト管理人の家宅捜索は表現の
自由を侵害していないということですか?

これで、ソフトバンクハブリッシングが家宅捜索受けて、
そのことを表現の自由の侵害だとマスコミが騒いだら、
マジで終わってるなぁ。

正直今回の事件はいろいろ考えさせられた。
winny使ってない自分にとって、著作権がどうとかこうとか、
そういうのは対岸の火事みたいなものだと思ってましたが、
ソフトやwebサイトを公開しただけで逮捕されたり家宅捜索受ける
っていうことは、今後どんなきっかけで自分のサイトが
警察に目をつけられて、最悪の場合逮捕されるという事態に
なりかねないなんてことにならないか心配です。
(某企業の過去の所業を書き連ねて叩いてるしなぁ)

法の名の下に市民を守るべき警察が、
法の名の下に市民に脅威をもたらす警察に。
基本的人権は尊重されるが、
著作権はより尊重される。
そんな社会がもう来てしまったのでしょうか。

まだまだ書き尽くせないんですが、
これ以上はまとまりつかないので辞めときます。
やはりこういう話は苦手だ…

>2004/04/08
テレビ東京でRAGNAROK THE ANIMATIONが放映されました。
取り敢えず見て思ったのは、
見事なまでにゲームの暗黒面を引き継いで
それをストーリーに組み込んだ潔さでしょうか。
1話の時点ですでに
ルート、押し付け、私怨粘着、枝テロのダークサイドを
余すところ無く再現しているということで、
いずれBOTとか全然仕事しないGMとか出てきそうで大期待です。

このアニメ見てRO始めようという人がいると
本気で思ってるんでしょうかね?

あー、攻殻SACの最後の10分を削って見たことについては後悔だな

>2004/04/02
エイプリルフールに嘘ネタで盛り上がると言うのは
最近どんどんエスカレートしてきているようです。
俺自身は随分前に飽きてしまってて、
はっきり言ってエイプリルフールネタは鬱陶しいと
思うことのほうが多く、エイプリルフールの盛り上がりには
ついていけない今日この頃。

あれって俺もやってみたりしたけど、楽しいのは作った側で
見ている側としては、鬱陶しかったりつまらなかったり
騙されたことで腹が立ったりしますね。
完全にネタとして相手を笑わそうと努力しているところも
あるにはあって、そういうところは純粋に面白いんだけども。

ここから下は個人的な愚痴以外の何ものでもないのだけど、
ネタで紛らわしいニュースとかやってるところは、ホントなのか
ネタなのか確認するのによく読まないとならなかったりして、
これが面倒なのです。
見出しを見てどきっとして、よく読んでみると実はネタでした。
とか言うのは、見出しを見たときに抱いた期待感を裏切られた
ような気分がして、却ってよからぬ印象を抱いてしまいますね。
あと、いつもと全く違う、最初から嘘だと分かる作りの
サイトは、ちっとも面白くないか物凄い面白いかの
どちらかになりますね。
多分笑いのツボがどこにあるのかということになると思います。
面白ければよさそうなものですが、ネタに腐心して
作り込みすぎた結果本来のサイトが見れなかったり、
量が多すぎて全て見切れないのもどうかと思います。

最後に、
今年は意外に少なくてちょっとほっとした閉鎖ネタですが
(それでもReadMeはやってたなぁ…)
はっきり言ってエイプリルフール閉鎖なんてカビが生えたネタを
やってるくらいなら、何もしないほうがマシです。

うーん。何で俺こんなに苛立ってるのだろう…


トップにもどる