>2001/06/28
明日から突如九州出張。どぐぁわ〜

     >2001/06/27
ギアッチョ※1
まぶたってのは分かる。スゲー良く分かる。
目に蓋しとるからな…
だがみみたぶってのはどういう事だあぁー!
たぶってのは何だよ! 何の意味があるんだよ!
なめやがってーこの言葉ー! 超イラつくぜー!!

いや、別にイラつかんけど。みみたぶの「たぶ」ってのは謎だよな。こんなくだらないこと考えるのは俺しかいないと思うが。

※1 ジョジョの奇妙な冒険5部に登場するスタンド使い。スタンドは冷気を操るホワイトアルバム。ヴェネツィアでジョルノとミスタを相手に戦った。慣用句や地名で納得行かない事について、独り言を言って切れるのが癖。

     >2001/06/26
突然のトラブルで夜11時まで残業してしまった…残業代出ないのに。
しかも、夜遅くまでやってもまだ終わっていない。
明日もまた残業か…

返信:俺のところにメールが届きます。

     >2001/06/25
今月から住民税が5千円も上がってる…収入が減って、取られる税金が増えるとはどういうことドァ!

全然関係ないが、ケーキ食いたい。

以前のサイトの日記とかテキストを読む。…テンション高いなぁ。なんかこのサイトと方向性が違うような気がして、再録するのがはばかられる。はばかられるけど、本当はこのサイトもダウナー系ギャグサイトのつもりで最初作ったのだが。今じゃすっかりまったりモードよ。

返信:別にいきなり更新したのは脅かすつもりがあった訳じゃなくて、やっとサイトの更新をする気になっただけというわけよ。今後はなるべくこまめに更新するつもりなんでよろしく。

     >2001/06/24
JM君ちでまたもアルカナ。
今回は最新サプリメントであるランド・オブ・ザ・ギルティの設定を組み込んで遊ぶ。これは因縁※1以上にキャラクターの行動の動機として扱いやすいかもしれない。目的が分かってたり、行動パターンがわかってたりするので、キャラクターをすごく動かしやすいと思った。

※1 ブレイド・オブ・アルカナのシステムのひとつ。キャラクター同士(対PC、対NPCとも)の人間関係を因縁というルールでシステム化している。因縁を持ったキャラクターが登場しているシーンには、PCは登場しやすくなる。

     >2001/06/23
ということでサイト模様替え。5月から書き溜めていた日記も全部アップ。お話がよくわからんという人は5月の日記から見よう。

     >2001/06/21
レールガンとかにゲット。かにはともかく、レールガンは物凄く強い。ボスクラスでも2発で沈む。
あとお守り装置を2つも余分に手に入れた。重巡でも作って核魚雷の威力を試してみようか…あとレーザー戦艦も作ってみたい。武装が全部光学兵器なの。
さぁあとはねこだけだ!

     >2001/06/20
うちで使ってるCATV局はDCのブロードバンドアダプタに対応していることがわかった。
これでPSO※1もガンダムバトルオンラインもできる。

京極夏彦のルー・ガルーを購入。3年ぶりの書き下ろしだそうで、もう塗仏※2からそんなに経ったのかと思い知る。しかし相変わらず厚い。これを読み終わるのに何日かかるだろう…

※1 仲間内で流行の兆し。つうか回りはみんなやってるんだよね…オンラインにはなってたりなってなかったりだけど。
※2 塗仏の宴−宴の始末−のこと。講談社ノベルス。

     >2001/06/19
80センチ砲を積んだら、重過ぎて装甲を削る羽目になり、その所為で沈んだ。むう、やはり90%被害緩衝※1は外せないか…

※1 戦艦でもっとも厚い装甲。

     >2001/06/18
鋼鉄の咆哮を特殊任務も含め全てクリア。
だがレールガン※1とねこ※2とかに※3が手に入っていないのでまだ続けるだろう。

※1 電磁誘導(リニアモ−タ−)原理で帯電した弾体を荷電した2本のレールに沿って超高加速して発射する方式の大砲。理論上は弾体を光速まで加速できるが、その為には無限に長い荷電レールと無限に高い電力を用意する必要がある。らしい…
※2 おふざけウェポン。どんなもんかはここ参照。
※3 ねこに続くおふざけウェポン。いや、そんなこと言ったらレールガンもレーザー兵器もふざけているのだが。

     >2001/06/17
JMくんちでアルカナ※1。
エフェクトス※2・レクトス※3は思ったより強い!! クリティカル値上昇の特技が代償無しで使えるし、状況に応じて元力を使い分けられるしで、便利。その代わり、奇跡が使いづらいのだが。遠隔攻撃系の敵が出てこない限りかなり強いけど、敵にイグニスが一人いるだけで瞬殺されかねんな。
あ。そういう敵が出たときの為の∵大破壊∵なのか。

※1 ブレイド・オブ・アルカナのこと。タロットをモチーフとしたキャラクタータイプが特徴のファンタジーRPG。キャラクターの作り方がMTGのコンボみたいで面白い。
※2 ブレイド・オブ・アルカナのキャラクタータイプの一つ。攻撃魔法系。
※3 ブレイド・オブ・アルカナでは3つのタイプを選択するのだが、レクトスはその3つが全て同じことをあらわす。

     >2001/06/16
Iさんの家に略奪に行く。MPEGとMP3を大量に仕入れた。
エピソードTのMPEGも欲しかったなぁ。

     >2001/06/14
また会社の懇親会。ほんとうちの会社は多いね。
去年まで面倒を見た手下どもについての愚痴を、今そいつらの面倒を見ている人たちとか、そいつの部下から聞かされる。つまり俺の下には問題児が多いという訳かと否応無しに悟らされ、ちょっといやな気分。
ちなみに俺はその問題児達の教育に最善を尽くしたが、報われないのでさじを投げた。
その懇親会でのゲームでまたしても※1賞品を当て、みんなの反感を買う。

※1 2年前の懇親会とかで、2回くらい当てている(そのうち1回は、プレステ本体)。

     >2001/06/14
ついに戦艦[(最高スペックの戦艦)をロールアウト。
ついでに拾ったお守り装置※1をくっつけてみたら、本当に強い。めちゃくちゃな強さ。あれだけ苦戦していた8−2の荒覇吐も余裕。既にアイテムを落とすカモでしかないね。しかし怪力線照射装置は本当に意味無いなぁ。

※1 お守り装置は、火災や浸水が一切発生しなくなる。つまり甲板装甲0で良いので、その分を舷側装甲にまわせる。これでめちゃくちゃ硬くなり、沈まなくなる。

     >2001/06/10
今日はなんか他人に振り回される一日だった。
昼間は親にいきなり部屋にあるいらない本を物置に片付けろと命令され、部屋の片づけだけですごす羽目になり、夜は隣に住む従兄弟が、PCのハードディスクを増設したのに認識しないので手伝えと言われたり。ハードディスクの増設がちょっとうまくいかないからってすぐに人に頼るなよなぁ〜。
それにこういう時だけ人を頼って来るっていうのも嫌な感じだ。

ついに航空戦艦の限界を感じて、戦艦に乗り換える。

     >2001/06/09
永野護がファイブスターをちゃんと16ページ書かなかったので憤る。

     >2001/06/08
飲み会でした。
会社でいろいろしがらみがあって、飲み会には5分ほど遅れて行ったんですけども、そのおかげか俺が好きな人の隣の席になりました。
もー大変です。
そんなうれしい誤算(使い方がちがいます)があるとは思っていなかった俺は、席に座った瞬間から目はハートマークのままです。マンガチックな視点の人は絶対に俺が彼女を好いているということがわかっちゃったかもしれません。
ああなんて世界は素晴らしいんでしょうか。好きな人と会話しているだけで、些細なことでも楽しいと感じられます。ドーパミンってすごいなぁ。

そしてこの日記は痛いなぁ。

     >2001/06/07
怪力線照射装置を装備。あと、電磁防壁も開発できたので装備。か…かっこいい。敵のレーザーが跳ね返る!!
これで敵艦の光学兵器は恐くなくなった。もしかして、6−12のレーザー戦艦は、これを装備してから戦えば楽だったのでは?
それにしても怪力線照射装置は発射が遅すぎる。全て自動発射にすると、全弾発射して敵艦を撃沈した後に敵艦に向けてレーザーを発射するという現象が多々見られた。まともに命中するのは、一撃で撃沈できない戦艦だけだなぁ。

     >2001/06/03
ついにレーザー戦艦を撃沈。真正面から戦うのを止め、まず攻撃機(橘花※1)に魚雷攻撃をさせまくって削っておいてから(というか攻撃機が撃沈してくれれば良いのだが、さすがに全滅させられてしまった)アイテムで入手した火炎放射器と対艦ミサイルで攻撃し、やっと撃沈。一時はこいつも対艦ミサイルを積みまくらないと※2勝てないかと思ったが(対艦ミサイルは装弾数が余りにも少ないので、他の艦船と戦えなくなるので結局やめた)。

※1 秋水同様ドイツの資料(Me262)を元に開発した爆撃機というか特攻機。ただし性能はMe262と比較にならないほど低かったらしい。これまた飛行実験中に事故を起こし、そのまま終戦。
Me262※3ファンの俺としては複雑な心境を喚起する機体。ただ、ゲーム中での性能はかなり良い。
※2 3−12の巨大戦艦荒覇吐と同じ戦法。
※3 ドイツのメッサーシュミットが開発したジェット戦闘爆撃機。当初戦闘機として開発されたが、総統の命令で爆撃機として採用されてしまった(この人はサブマシンガンの開発に難色を示したり、せっかく良い兵器開発能力を持っているのにそれを無駄にするような事ばかりしていた。だから負けるんだよ…って、別に俺は親ナチスじゃないです。念の為)。連合軍が終戦までジェット戦闘機を実用化できなかったことを考えれば、この頃のドイツの兵器開発能力は並々ならぬものがあると思う。

     >2001/06/02
火炎放射器を入手した。
敵から奪ったアイテムで、火炎放射器を入手。さっそく装備してみた。強えぇ! …けど、なんか変だ。あ、救命ボートが焼け死んでる! 味方戦艦にも燃え移ってる! なんて狂暴な兵器だ!
狂暴な兵器だが、強いからしばらく使おう。
「多少の犠牲は止むを得んのだァ! 撃て撃てェ!」

…ひどい。

もどるよ